ファッション

「ブルガリ」が手掛けるチョコのバレンタインアンバサダーに磯村勇斗が就任 「愛の伝道師としてバレンタインを発信したい」

 「ブルガリ(BVLGARI)」が手掛けるチョコレート「ブルガリ イル・チョコラート(BVLGARI IL CIOCCOLATO)」は1月21日、毎年バレンタインシーズン限定で登場するチョコレート "サン・ヴァレンティーノ"(4個入り4364円 10個入り、1万円)の発売を記念して、バレンタインアンバサダーにモデルで俳優の磯村勇斗が就任することを発表した。

 今年の"サン・ヴァレンティーノ"のテーマは"フレーバーで巡る、イタリアの甘美な旅"。イタリアのヴェネト、ラツィオ、サルデーニャ、カラブリアの各州を代表する食材、メモリー・オブ・グラッパ(ブランデー)、エリカ ハニー、ペコリーノチーズ、ペペロンチーノ(唐辛子)からインスピレーションを得た4つのフレーバーをそろえる。海外への渡航が難しい状況の中でもイタリア旅行をしたような気分を味わってほしいと願いを込めた。

 磯村は「バレンタインアンバサダー、そして愛の伝道師としてたくさんの人に『ブルガリ イル・チョコラート』を発信したい。このような状況で、愛を直接伝える機会があまりないので、日ごろから大切な人には気持ちを伝えたいと思います。バレンタインはこれまでに最高で6個貰いました。うち一つは母からですが(笑)」とコメントした。

 磯村は、ドラマ「今日から俺は」や「ひよっこ」などに出演する磯村は最近では、監督としてショートフィルムを制作するなど活動の幅を広げている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら