ビューティ

「ル ラボ」が南青山にオープン ラボ併設、その場で調合するサービス実施

 ニューヨーク発のフレグランスブランド「ル ラボ(LE LABO)」は2月1日、都内2店舗目となるラボを併設した直営店「ル ラボ青山」を南青山にオープンする。店舗は「ディーゼル(DIESEL)」青山店の並びに位置する。

 同店では、注文を受けてからフレグランスを手作業で調合する“フレッシュブレンディングサービス”を4月下旬から開始する。また、フレグランスのラベルには、日付けと23文字以内で好きなメッセージや名前をその場で入れて パーソナライズできる"メイド・トゥ・オーダー方式"を採用。ブランドのクラフツマンシップを実感できるアイテムを展開する。

 「ル ラボ」は、2006年に米・ニューヨークに誕生し、20年2月にELCグループ傘下となった。ユニークで特別なモノを作りたいという思いから、丁寧に香水を作る美しさと芸術に特化したラボを設立。オードパルファムをはじめ、ボディー、ヘア、フェイス、グルーミングなどのアイテムを取りそろえる。日本では07年に旗艦店を代官山にオープンしたのを皮切りに、ギンザ シックス、阪急うめだ本店、京都などに出店。今回オープンの青山店は7店舗目となる。

■「ル ラボ青山」
オープン日:2月1日
時間:11:00~20:00
定休日:年中無休
住所:東京都港区南青山5-5-24

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら