ファッション

「ケースティファイ」がNFTアートの所有権を2900万円相当で獲得 手持ちのNFTをプリントしてiPhoneケースを作成できるサイトもオープン

 カスタマイズできるスマホケースなどを手掛ける、ロサンゼルス発のライフスタイルブランド「ケースティファイ(CASETIFY)」は、猿のイラストで世界的人気を持つNFTプロジェクト「ボアード・エイプ・ヨット・クラブ(BORED APE YACHT CLUB、BAYC)」の#3583の所有権を83.4ETH(2900万円相当)で獲得した。

 「ケースティファイ」は2021年4月、ステンレススチール製のiPhoneケースをベースにしたNFTアートを初めて発表。今回「BAYC」の所有権を得たことで、「デジタルアートを楽しむ機会をいっそう提供したい」と話す。

 また同ブランドは、NFTによるiPhoneケース作成サイトをオープンした。手持ちのNFTアートをプリントして、オリジナルのケースが作成できる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。