ファッション

「ケースティファイ」がNFTアートの所有権を2900万円相当で獲得 手持ちのNFTをプリントしてiPhoneケースを作成できるサイトもオープン

 カスタマイズできるスマホケースなどを手掛ける、ロサンゼルス発のライフスタイルブランド「ケースティファイ(CASETIFY)」は、猿のイラストで世界的人気を持つNFTプロジェクト「ボアード・エイプ・ヨット・クラブ(BORED APE YACHT CLUB、BAYC)」の#3583の所有権を83.4ETH(2900万円相当)で獲得した。

 「ケースティファイ」は2021年4月、ステンレススチール製のiPhoneケースをベースにしたNFTアートを初めて発表。今回「BAYC」の所有権を得たことで、「デジタルアートを楽しむ機会をいっそう提供したい」と話す。

 また同ブランドは、NFTによるiPhoneケース作成サイトをオープンした。手持ちのNFTアートをプリントして、オリジナルのケースが作成できる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら