コレクション

「ミュウミュウ」2016年春夏パリ・コレクション

REPORT

透けるのは当たり前 アンバランスを楽しむキワドいレイヤード

2015-16年秋冬、16年プレ・スプリングで見せた、悪趣味ギリギリのモチーフや素材の合わせが生み出すエレガンスを、違うベクトルで表現した。キーアイテムは大げさなフリルが付いたファンシーカラーの透け透けスカートやドレス、これ見よがしなファーアイテム、グラフィカル柄を描いたアウターやドレスなどで、それらをシャツやスカート、ニットとレイヤードするスタイルを提案した。幾何学模様のコートの襟には2本のラインを走らせ、さらにレザーの襟をレイヤードする。

基本シルエットはややオーバーサイズのアウターとミッドカーフまでナローなラインを描くスカートを合わせたスタイル。大きなラペルや過剰に膨らんだ袖やフリルなどが、アンバランスな印象を強めていく。

足元はボクシングシューズディテールのプラットフォームブーツかバレエシューズ、あるいはマルチストラップのパンプスなどで、コントラストカラーを合わせた主張するデザインだ。バッグは、15-16年秋冬に登場したモデルがメーンで、中でもレザー×PVCのように見える素材を巻き付けたハンドルのバッグは、バッグよりもハンドルが大きいアンバランスぶり。ティアラ風のヘッドアクセはプラスチック風だし、ビジュー×フェザーのネックレスも中心をズラしたデザイン。どこかちぐはぐで愛嬌がある。
それを楽しむかのような、ギョっとするユニークな合わせが面白い。

LOOK