ファッション

ラグジュアリーストリートウエアの“詰め合わせ”を売る英スタートアップにLVMHやエルメス一族らが出資 

 ロンドンを拠点にするファッション系スタートアップのヒート(HEAT)はこのほど、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)の投資ファンドであるLVMHラグジュアリー・ベンチャーズ(LVMH LUXURY VENTURES)とベンチャーキャピタルのアントラー(ANTLER)などから、シードラウンドで500万ドル(約5億7000万円)の資金調達を行った。そのほかステファノ・ロッソ(Stefano Rosso)OTB取締役やエルメス(HERMES)の創業者一族らもエンジェル投資家として出資している。

 「ヒート」は2019年にジョー・ウィルキンソン(Joe Wilkinson)とマリオ・マーハー(Mario Maher)が創業。ラグジュアリーストリートウエアブランドの余剰在庫を集め、“ミステリーボックス”として商品の詰め合わせを販売する。“ミステリーボックス”は中身が分からないようになっており、通常の“ヒートボックス”とプレミアム版の“ヒートボックス+”2種をそろえる。299ポンド(約4万6600円)の通常ボックスは500ポンド(約7万8000円)以上を、500ポンドのプレミアムボックスは850ポンド(約13万2600円)以上に相当する商品を詰め合わせている。ストリートウエアならではのドロップ形式(不定期販売)を採用し、若年層に人気だ。これまでZ世代を中心とする60万人以上の消費者に、2万箱以上を販売してきた。

 現在「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」「アミリ(AMIRI)」「ビリオネア ボーイズ クラブ(BILLIONAIRE BOYS CLUB)」といったストリートウエアブランドに加え、最近は「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「ロエベ(LOEWE)」「ジャックムス(JACQUEMUS)」「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」といったラグジュアリーメゾンとも協業し、計60ブランド以上の商品を売っている。また元々は過去のシーズンの商品を売るシステムだったが、「ハイダーアッカーマン(HAIDER ACKERMANN)」などとは新作のローンチをボックスで行うなど、サービスの幅を広げている。

 今回獲得した資金でゲームやAIを用いたパーソナライゼーションなど、ECでの購買体験を充実させるサービス開発に充てる。ウィルキンソン=ヒート最高経営責任者は「デジタルネイティブな若年層のためのショッピングプラットフォームを構築し、イノベーションを生み出し続ける」とコメント。また現在イギリスのシェフィールドにディストリビューションセンターを構えるが、今後は欧米のネットワークを拡大させる狙いだ。

 アントラーのマルテル・ハーデンバーグ(Martell Hardenberg)=パートナーは「ヒート」を「消費者の意識がめまぐるしく変化する中、ブランドの世界観を崩すことなく全く新しい売買プラットフォームを提供した」と評価する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。