ファッション

ラグジュアリーストリートウエアの“詰め合わせ”を売る英スタートアップにLVMHやエルメス一族らが出資 

 ロンドンを拠点にするファッション系スタートアップのヒート(HEAT)はこのほど、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)の投資ファンドであるLVMHラグジュアリー・ベンチャーズ(LVMH LUXURY VENTURES)とベンチャーキャピタルのアントラー(ANTLER)などから、シードラウンドで500万ドル(約5億7000万円)の資金調達を行った。そのほかステファノ・ロッソ(Stefano Rosso)OTB取締役やエルメス(HERMES)の創業者一族らもエンジェル投資家として出資している。

 「ヒート」は2019年にジョー・ウィルキンソン(Joe Wilkinson)とマリオ・マーハー(Mario Maher)が創業。ラグジュアリーストリートウエアブランドの余剰在庫を集め、“ミステリーボックス”として商品の詰め合わせを販売する。“ミステリーボックス”は中身が分からないようになっており、通常の“ヒートボックス”とプレミアム版の“ヒートボックス+”2種をそろえる。299ポンド(約4万6600円)の通常ボックスは500ポンド(約7万8000円)以上を、500ポンドのプレミアムボックスは850ポンド(約13万2600円)以上に相当する商品を詰め合わせている。ストリートウエアならではのドロップ形式(不定期販売)を採用し、若年層に人気だ。これまでZ世代を中心とする60万人以上の消費者に、2万箱以上を販売してきた。

 現在「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」「アミリ(AMIRI)」「ビリオネア ボーイズ クラブ(BILLIONAIRE BOYS CLUB)」といったストリートウエアブランドに加え、最近は「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「ロエベ(LOEWE)」「ジャックムス(JACQUEMUS)」「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」といったラグジュアリーメゾンとも協業し、計60ブランド以上の商品を売っている。また元々は過去のシーズンの商品を売るシステムだったが、「ハイダーアッカーマン(HAIDER ACKERMANN)」などとは新作のローンチをボックスで行うなど、サービスの幅を広げている。

 今回獲得した資金でゲームやAIを用いたパーソナライゼーションなど、ECでの購買体験を充実させるサービス開発に充てる。ウィルキンソン=ヒート最高経営責任者は「デジタルネイティブな若年層のためのショッピングプラットフォームを構築し、イノベーションを生み出し続ける」とコメント。また現在イギリスのシェフィールドにディストリビューションセンターを構えるが、今後は欧米のネットワークを拡大させる狙いだ。

 アントラーのマルテル・ハーデンバーグ(Martell Hardenberg)=パートナーは「ヒート」を「消費者の意識がめまぐるしく変化する中、ブランドの世界観を崩すことなく全く新しい売買プラットフォームを提供した」と評価する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら