ビューティ

「ジバンシイ」のメイクアップ クリエイティブ ディレクターにトム・ウォーカーが就任 ニコラの後任

 「ジバンシイ(GIVENCHY)」は1月19日、メイクアップ クリエイティブ ディレクターにトム・ウォーカー(Thom Walker)が就任したと発表した。ウォーカーは今後のコレクションを手がけるとともに、付随する広告キャンペーンのクリエイティブ監修、ブランドのスポークスマンとしての役割も兼任。「ジバンシイ」は1999年から20年以上にわたりメイクアップ部門に携わってきていたニコラ・ドゥジェンヌ(Nicolas Degennes)=メイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクターが2021年6月30日付で退任しており、ウォーカーは後任となる。

 英国北部の出身であるウォーカーはパリでメイクアップを学び、メイクアップ アーティストとしてのキャリアをスタート。フリーランスとして著名なフォトグラファーとともに「i-D」、「AnOther」、「W Magazine」、「Dazed and Confused」などの雑誌でメイクアップを担当してきたほか、エマ・ワトソン(Emma Watson)やクレア・フォイ(Claire Foy)、ミア・ゴス(Mia Goth)など数々の女優や歌手のメイクアップも手がけた実績を持つ。また、さまざまなファッションブランドや化粧品ブランドともコラボレーションも行っている。

 ウォーカーは「『ジバンシイ』のビューティー チームや世界中のメイクアップ アーティストと協力し、クリエイティブな表現と新しい製品のイノベーションをもたらすことに貢献できることは、とてもエキサイティングなことだ」とコメント。また、パルファム ジバンシイのローマン・スピッツァー(Romain Spitzer)CEOは「ファッションシーンを知り尽くした彼の個性的なスタイルと、斬新かつナチュラルな メイクアップ アプローチは、エレガントかつ大胆な『ジバンシイ』のビューティーの世界と完璧にマッチしている。彼が今、『ジバンシイ』のメイクアップにその才能と創造性を発揮して、グローバルな成功に貢献してくれることに、とても感激している」と述べている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

リセール特集 知られざる「ブランド買取」の裏側 3.5兆円市場の勝者は誰だ

6月12日号の「WWDJAPAN」は、「特集 知られざる『ブランド買取』の裏側」をお届けします。「メルカリ」に代表されるフリマアプリの浸透や、コロナ禍の巣ごもり生活によって家庭の不要品を売り買いするリセール市場が拡大しています。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。