ビューティ

「RMK」新クリエイティブディレクターにNYで活躍するYUKIを起用

 メイクアップブランド「RMK」を有するエキップは5月10日、「RMK」の新クリエイティブディレクターに米・ニューヨークを拠点に世界で活躍する日本人メイクアップアーティストのYUKI(ユウキ)を起用すると発表した。8月6日発売予定の2021年秋コレクションからプロダクト開発、キャンペーンのディレクションなどに携わり、ブランドの方向性を決める重要な役割を担っていく。

 YUKIクリエイティブディレクターは東京でヘアスタイリストのキャリアをスタート。2011年に渡米し、メイクアップアーティストのパット・マクグラス(Pat McGrath)のチームに参加。チームのリーディングアーティストとして数々のショーのメイクアップデザインを手がけた。独立後はさまざまなエディトリアル、バックステージ、広告キャンペーンを担い、現在も世界中のファッション誌やブランドとコラボレート続けている。細心かつ正確なテクニックから生み出されるメイクアップにストリートのバイブス、カジュアル感をミックスさせる独特のスタイルを得意とする。なお、「RMK」が男性のクリエティブディレクターを起用するのは初となる。

 今回の起用にエキップの前澤洋介社長は、「類まれなる才能に加え、圧倒的なクリエイティビティーをもつYUKI氏とのコラボレーションは誇りであり、無限の可能性を感じる。さらなる飛躍の原動力となり、今後の『RMK』がエキサイティングな展開になることは間違いない」と期待を寄せた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。