ビューティ

「RMK」が新発想のカラーファンデーションを発売 色の力で透明感を引き出す

 「RMK」は、色の力を使って透明感を引き出す“カラーファンデーション”(全5色、各20mL、各4500円)と、“エアリータッチ フィニッシングパウダー”(全3色、各8.5g、各4500円)を3月12日に発売する。

 “カラーファンデーション”は、自然な明るい肌をかなえる下地レスのファンデーション。ホワイト、グリーン、イエロー、パープル、コーラルの5色をラインアップする。ベージュ系でカバーするファンデーションとは異なり、個々がもつ肌色を生かしながら色ムラやくすみ、血色など足りないカラーだけを補ってトーンアップする。

  “エアリータッチ フィニッシングパウダー”は、エアリーなつけ心地でしっとりと肌に溶け込むフェイスパウダー。透明性が高い結晶タイプの「クリアクリスタルパウダー」とオイルを絶妙なバランスで配合し、肌の内側から輝くような艶感を演出する。皮脂吸着効果でテカリやベタつきを防ぎ、さらさらとした心地よい仕上がりを保つ。

 また3月1日には、 “UV フェイスプロテクター”2種を発売する。 “UVフェイスプロテクター アドバンスド”SPF50+/PA++++(60g、3500円)は、スキンケア発想で美容クリームのような保湿力をそなえ、日中の乾燥から肌を守りながら潤いを与える。ブランド最高峰のUVカット力で紫外線ダメージから肌を保護する。“UVフェイスプロテクター ルーセント”SPF35/PA++++(60g、3500円)は、コーラルカラーとプリズムシルバーパールがくすみや色むらをカバーして自然にトーンアップ。ともに「ウォータースキン UVカットテクノロジー」を採用し、均一な薄いUVカット膜によって塗っているのにまるで素肌のような快適さを実現した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら