ビューティ

ベースメイクでリフトアップも 植物由来の新成分配合の「スリー」の新ベースメイクシリーズが登場

 「スリー(THREE)」は、新ベースメイクシリーズ3品を2021年2月24日に発売する。フローレスでありながらまるで素肌のように自然な肌をかなえる。

  “アドバンスドエシリアルスムース オペレーター プライマー”(全1種、30mL、5500円)は、保湿感とシームレスな伸び広がりで肌の質感を滑らかに整える美容液のような使い心地のプライマー。ピンク色のペタルフレッシュカラーがくすみをおさえ自然な血色感と透明感をプラスする。“アドバンスドエシリアルスムースオペレーター フルイド ファンデーション”SPF40/PA++(全8色、各30mL、各8000円)は皮脂吸着パウダー配合で、皮脂崩れやヨレ、毛穴落ちを1日中感じさせない。

 両製品には、「スリー」のベースメイクで初めてスムースファイバーを配合。肌に塗布すると、スムースファイバーが均一に広がってネットワークとしてつながり、肌の上でファイバーネットを形成する。微細な繊維がムラにならず均一で極薄な膜となり肌の一部のようにぴったりと密着。しなやかで高強度のため時間が経っても崩れにくく、色持ちにも優れたラスティング効果を発揮する。プライマーは肌表面の凹凸を均一に整え、しっかりと保湿。その上にフルイドファンデーションを重ねると、さらに肌を引き締めリフトアップしたようなハリのある仕上がりに。

 そのほか、“アドバンスドエシリアルスムースオペレーター ルースパウダー”(全2種、各5500円)は、バウンシングパウダー配合しソフトフォーカス効果でシワのないポアレスな肌を演出する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら