ファッション

「ジュンヤ マン」22-23年秋冬はジャミロクワイのファッションを“リミックス” 「Virtual Insanity」のオマージュ映像も

 渡辺淳弥が手掛ける「ジュンヤ ワタナベ マン(JUNYA WATANABE MAN以下、ジュンヤ マン)」は、2022-23年秋冬コレクションをデジタルで発表した。今シーズンは、イギリス発のバンド・ジャミロクワイ(Jamiroquai)にフォーカス。フロントマン、ジェイ・ケイ(Jay Kay)のファッションスタイルを「ジュンヤ マン」流に再解釈した。

 ジャミロクワイという名前は、即興演奏の“ジャムセッション(Jam Session)”とネイティブアメリカンを意味する“イロコイ(Iroquois)”の造語。ジェイ・ケイは、世界中の先住民族文化に共鳴し、ファッションスタイルに取り入れていた。

 コレクションでは、メキシコ文化庁と毛織物ブランド「ペンドルトン(PENDLETON)」の協力を得て、サラぺ柄をプリントや切り替え、パッチワークで王道のメンズウエアに落とし込んだ。アウターはテーラードジャケットからスタジャン、マウンテンパーカー、ダウンジャケット、モッズコートまで幅広く、ボトムはジーンズやチノパンとカジュアルだが、ジャストサイズもしくは細身のシルエットで野暮ったさはない。大きなツノと子どものようなポーズで知られるジャミロクワイのシンボルマークも採用した。

 コラボも豊作だ。後ろ身頃をオーバーオールで切り替えたコートは「リーバイス(LEVI’S)」と、トレンチとつなぎをドッキングさせたコートは「カーハート(CARHARTT)」と、アウトドアジャケットは「カリマー(KARRIMOR)」と、スニーカーは「ニューバランス(NEW BALANCE)」や「ステップニー ワーカーズ クラブ(STEPNEY WORKERS CLUB)」と協業した。帽子は英ロンドン発の「ベニー アンダロ(BENNY ANDALLO)」が提供した。

 ルックと合わせて、ジャミロクワイの「Virtual Insanity」のPVをオマージュした 7分間の映像も公開した。コレクションを着用した4人のダンサーが、再編集した楽曲に合わせてパフォーマンスを披露した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら