ファッション

「ジュンヤ マン」が若き写真家の作品から再び自由に旅を楽しむ希望を表現

 渡辺淳弥が手掛ける「コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン(COMME DES GARCONS JUNYA WATANABE MAN)」は2022年春夏コレクションのファッションショーを7月8日に行った。会場の東京・南青山の本社の一室には、イギリス人写真家のジェイミー・ホークスワース(Jamie Hawkesworth)によるブータンで撮影した写真がウッドの壁一面に飾られていた。

田名網敬一のアートワークや
「ベルベルジン」の古着から柄を転写

 ファーストルックから10ルックまでは、グラフィックTシャツにサルエルのパンツの軽快なスタイル。頭はストローハット、足元はグルカサンダル、テキスタイルのショルダーバッグを合わせて、夏の旅を連想させるカジュアルな装いだ。今季は若き写真家のジェイミーがブータンを旅する姿をイメージ。「ジェイミーから送られてきたブータン、カザフスタン、インドで撮影した写真の中で、ブータンが心に刺さった」と渡辺のプレスノートには記されていた。

 色鮮やかなグラフィックは、グローバルで活躍するアーティストの作品を採用。日本の現代美術家の田名網敬一をはじめ、タイ人イラストレーターのファナパスト・タイチャメールコール(Phannapast Taychamaythakool)、ロンドン在住の中国人アーティストのジャッキー・ツァイ(Jacky Tsai)、中国・深センのルロン・ワン(Rlon Wang)、ネパールのアン・ツエリン・シェルパ(Ang Tsherin Sherpa)、カリフォルニアを拠点にする中国人写真家のシュエビン・ドゥ(Xuebing Du)、ベトナムの絵本作家デュオのクアン&リアン(Quang & Lien)、ポーランドのマルタ・オルガ・クララ(Marta Olga Klara)らのアートワークで、異国情緒な雰囲気を漂わせる。また東京・原宿のビンテージショップ「ベルベルジン(BerBerJin)」のビンテージウエアから転写した柄も使用。袖、背面などにコラージュしたペイズリーやマドラスチェック、民族柄も際立っていた。

「ザ・ノース・フェイス」や「ブルックス ブラザーズ」
「イルビゾンテ」などの老舗ブランドとタッグ

 他にもコラボレーションは豊作。ショー中盤に登場したアウターは「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」やイギリス発のアウトドアブランド「カリマー(KARRIMOR)」と、ミリタリージャケットは「アークエアー(ARK AIR)」、ブレザーは「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)」との協業によるもの。サルエルデニムは「リーバイス(LEVI’S)」、ワークパンツは「ディッキーズ(DICKIES)」とのダブルネーム。スニーカーは「ニューバランス(NEW BALANCE)」のアイコニックモデル“574”をベースにした新作コラボ、バッグはイタリア・フィレンツェ発の「イルビゾンテ(IL BISONTE)」と、アイウエアはアメリカの「ランドルフ(RANDOLPH)」とそれぞれのカテゴリーで老舗ブランドとタッグを組んだ。
 
 軽やかに国やカルチャー、テイストを超越した今季のウエアからは、再び自由に旅を楽しむ希望が感じられた。先の読めない事態は続いているが、この商品が店頭に並ぶ頃には、回復した新しい未来を期待したい。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。