ファッション

メガネの田中が海外初店舗のシンガポール店をオープン 眼鏡選びを手助けするオンラインサービスも

 メガネの田中チェーン(広島、デイミアン・ホール社長)の子会社フロー オプティクス(FLO OPTICS、シンガポール、渡辺紗理菜社長)は7月1日、メガネの田中チェーンとして海外初出店となる「メガネの田中 ウィーロックプレイス店」をオープンした。場所は、シンガポールで最大級のショッピングエリア、オーチャードロードの一角を占める駅直結のモール「ウィーロックプレイス」の地下1階で、店舗面積は約140平方メートル。

 広報担当者は「オープン初日から、質の高い日本製眼鏡や日本式サービスが高く評価されている。シンガポールは世界有数の多民族国家ながら、“似合う”という観点から眼鏡選びをする習慣がない。ウィーロックプレイス店を通じて、メガネの田中チェーンならではの楽しい買い物体験とパーソナライズした接客を届けたい」と話す。

 店舗デザインについても、「内外装ともに、日本のものをそのままシンガポールに移設した」と述べ、大型の鏡を13個の照明が囲む試着台“ハリウッドミラー”や、客一人ひとりの悩みやニーズに寄り添う“店長デスク”、客とゆっくり話しながら眼鏡選びを行うソファスペースなどを設ける。

 また同店ではニューノーマルに即した試みとして、アイウエアコーディネートの専門家がリモートで眼鏡選びを手助けする“オンラインおまかせアイウェアスタイリングサービス”も行う。自宅でサービスを受けてから来店して滞在時間を短縮することや、店内の試着台そばに設置されたモニターを使って店頭で同サービスを受けることもできる。

 メガネの田中チェーンは7月末までの予定で、ウィーロックプレイス店と広島本店をオンラインでつなぎ、互いの店内の様子を連日午後にライブ配信している。「海外に気軽に足を運べない今、シンガポールのお客さまには日本を身近に感じていただき、広島のお客さまには地元から海外に進出した1号店の披露を行っている」という。

 メガネの田中チェーンは1913 年に広島で創業。全国に約100店舗を展開する。フロー オプティクスは、83年にシンガポールで創業した眼鏡小売チェーンで、シンガポール国内で10店舗を運営。2019年、メガネの田中チェーンに買収された。

 シンガポールにはフォーナインズ(東京、飯村祐一社長)やオンデーズ(東京、田中修治社長)など、他の眼鏡企業も進出している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら