ファッション

「フェンディ」とティリオス、LVMH系企業2社が眼鏡で協業

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON、以下LVMH)傘下のイタリアのラグジュアリーブランド「フェンディ(FENDI)」は、LVMHとイタリアの大手眼鏡企業マルコリン(MARCOLIN)の合弁会社であるティリオス(THELIOS)と、アイウエアカテゴリーでデザイン・開発・製造・流通における独占的パートナーシップを結んだと発表した。

 セルジュ・ブランシュウィッグ(Serge Brunschwig)=フェンディ会長兼最高経営責任者は、「LVMHグループに属する2社が力を合わせ、アイウエア分野においても『フェンディ』がトップブランドであることをアピールしたい」と話す。

 両社の協業による商品は2021-22年秋冬コレクションで発表され、「フェンディ」の直営店や公式オンラインストア、またティリオスの持つ流通ネットワークで販売予定だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら