ファッション

大阪文化服装学院がロンドン・カレッジ・オブ・ファッション常任講師と契約

 大阪文化服装学院はこのほど、ファッションエデュケーター・コミュニケーターでロンドン・カレッジ・オブ・ファッション常任講師のオレグ・ミトロファノフ(Oleg Mitrofanov)と講師契約を結んだ。すでに学生および若手教員向けには特別講義を実施中で、今春から正式カリキュラムとして通年で授業を行う。

 ミトロファノフ講師は、セントラル・セント・マーチンズ・オブ・アート&デザインを卒業。ロンドン芸術大学で教鞭を執るかたわら、専門分野である“ビジュアルリサーチ”において「シャネル(CHANEL)」(ビューティ)や「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」などと協業してきた。

 ミトロファノフ講師は、「デザインプロセスにおいて最も重要なのはリサーチ」と言い切る。授業では、美術史や当時の作品が示す制作背景、現代の広告や写真・アートの分析方法、ビジュアル発想トレーニング、プレゼンテーションの組み立て方などを教えるという。

 大阪文化服装学院は、「世界で活躍できる人材育成を加速させるため契約に至った。学生は国内にいながら、ヨーロッパの第⼀線の講師から直接、最先端の授業を受けることができる。教員も研修を通じて教育メソッドを学び、当校のカリキュラムのアップデートに生かせる」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら