ファッション

ZOZO610(武藤貴宣)の喜び溢れるファッション人生^_^  Vol.7 昼のスナック?で軟禁状態になり超ビビりました

有料会員限定記事

 座右の銘は「鳴かぬなら 笑わせてみせよう ホトトギス」。ZOZOTOWN立ち上げメンバーで、出店ブランドの営業部門を統括する武藤貴宣氏が、ファッションへの愛と明るい未来について、ゆるく語ります。

2021年12月13日号から続く)
 2000年代前半、ネット通販へのほとんどのブランドからの風当たりは、相当強かったですね。特に最初はコネも何もなかったので、営業はほぼ飛び込みでした。ブランドに電話しても、「忙しい」とか何とか言って、なかなかアポが取れないんです。だから、雑誌の最後の方に載っている問い合わせ先の住所を見て、直接事務所に行って、開いていたら入っていって、さっとノートパソコンを開いて、話を聞いてもらう、みたいな。得意というか、好きというか、必要なら飛び込みで行くのは自然なことでしたね。

 楽しかったですよ。入荷や発送が少なかった日は、「じゃあ午後から都内に行って、ブランド営業しようぜ」って言って、みんなで前澤(友作)さんの車に乗って、千葉から原宿方面へ出かけていました。

 もちろん、ほとんど駄目でした。まず入れないし。事務所が開いてる隙を見なければいけないですし、扉を閉められそうになると、さっと足を入れるみたいな。本当に昔の新聞の勧誘員みたいでした。

この続きを読むには…
残り1273⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら