ファッション

元H&Mジャパン社長のエドマン氏がZOZOの執行役員に

 ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するZOZOは、12月1日付で、現LVMHグループ傘下のジバンシィジャパン プレジデント&CEOのクリスチャン・エドマン(Christin Edman)氏を起用する。エドマン氏は「H&M」の日本進出を成功に導いた人物として知られる。ZOZOは3月に「ゾゾタウン」リニューアルの際にラグジュアリー/デザイナーズブランドを集積した「ゾゾヴィラ(ZOZOVILLA)」を再登場させており、エドマン氏は海外ブランドの新規開拓と出店サポートなどの強化を担う。

 エドマン氏は1975年12月23日生まれ。「バービー」人形で知られるマテル・インターナショナルからキャリアをスタートし、2005年にスウェーデンのH&M本社に入社、香港子会社のエリアマネージャーを経て、08年3月からH&Mジャパンの社長に就任。銀座店を皮切りにした「H&M」の日本進出の陣頭指揮を執った。17年6月からはLVMH ファッション・グループ・ジャパン社のジバンシィジャパン プレジデント&CEOに就任していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。