ファッション

元H&Mジャパン社長のエドマン氏がZOZOの執行役員に

 ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するZOZOは、12月1日付で、現LVMHグループ傘下のジバンシィジャパン プレジデント&CEOのクリスチャン・エドマン(Christin Edman)氏を起用する。エドマン氏は「H&M」の日本進出を成功に導いた人物として知られる。ZOZOは3月に「ゾゾタウン」リニューアルの際にラグジュアリー/デザイナーズブランドを集積した「ゾゾヴィラ(ZOZOVILLA)」を再登場させており、エドマン氏は海外ブランドの新規開拓と出店サポートなどの強化を担う。

 エドマン氏は1975年12月23日生まれ。「バービー」人形で知られるマテル・インターナショナルからキャリアをスタートし、2005年にスウェーデンのH&M本社に入社、香港子会社のエリアマネージャーを経て、08年3月からH&Mジャパンの社長に就任。銀座店を皮切りにした「H&M」の日本進出の陣頭指揮を執った。17年6月からはLVMH ファッション・グループ・ジャパン社のジバンシィジャパン プレジデント&CEOに就任していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら