ファッション

出荷単価低下も収益性改善中、ZOZOの商品取扱高以外の収入に注目 【齊藤孝浩のファッション業界のミカタ】

有料会員限定記事

 企業が期ごとに発表する決算書には、その企業を知る上で重要な数字やメッセージが記されている。企業分析を続けるプロは、どこに目を付け、そこから何を読み取るのか。この連載では「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表が、企業の決算書やリポートなどを読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明かしていく。今回は話題が多いZOZOの上半期決算から注目ポイントを解説します。(この記事は「WWDJAPAN」2021年12月13日号からの抜粋です)

 今回はZOZOの上半期(4〜9月)決算を見てみます。商品取扱高(GMV)が前期比23.6%増で、売上高も同14.6%増、営業利益も19.5%増と、業績としてはまずまずではないかと思います。

 目立つのは、PayPayモールでの売り上げと、「その他商品取扱高(=その他)」という、ZOZOTOWNには出店していないけれど、PayPayモールで販売支援しているブランドの売り上げの伸びですね。

 これまで僕は「出荷単価が下がると、出荷1件当たりの利益が下がり採算性が落ちる」と、お伝えしてきましたが、今回、一品単価が下がり、出荷単価も低いにもかかわらず、採算が良くなっているんです。

この続きを読むには…
残り2355⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら