ファッション
連載 齊藤孝浩の業界のミカタ

出荷単価低下も収益性改善中、ZOZOの商品取扱高以外の収入に注目 【齊藤孝浩のファッション業界のミカタ】

有料会員限定記事

 企業が期ごとに発表する決算書には、その企業を知る上で重要な数字やメッセージが記されている。企業分析を続けるプロは、どこに目を付け、そこから何を読み取るのか。この連載では「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表が、企業の決算書やリポートなどを読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明かしていく。今回は話題が多いZOZOの上半期決算から注目ポイントを解説します。(この記事は「WWDJAPAN」2021年12月13日号からの抜粋です)

 今回はZOZOの上半期(4〜9月)決算を見てみます。商品取扱高(GMV)が前期比23.6%増で、売上高も同14.6%増、営業利益も19.5%増と、業績としてはまずまずではないかと思います。

 目立つのは、PayPayモールでの売り上げと、「その他商品取扱高(=その他)」という、ZOZOTOWNには出店していないけれど、PayPayモールで販売支援しているブランドの売り上げの伸びですね。

 これまで僕は「出荷単価が下がると、出荷1件当たりの利益が下がり採算性が落ちる」と、お伝えしてきましたが、今回、一品単価が下がり、出荷単価も低いにもかかわらず、採算が良くなっているんです。

この続きを読むには…
残り2403⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。