ファッション

「ゾゾヴィラ」で人気作家のアート作品を販売、価格は33万円〜49万5000円

 ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するZOZOは12月4〜17日、高級ブランドを集積した「ゾゾヴィラ(ZOZOVILLA)」で現代アート作家の井田幸昌氏のシルクスクリーン作品を限定販売する。価格は33万円〜49万5000円で、ファッションの通販サイトでアート作品を売るのは珍しいが、3月のリニューアルでも井田氏とコラボレーションしており、高級ブランドを集積した「ゾゾヴィラ」ならではの取り組みになる。

 井田昌幸氏は東京芸術大学油絵科出身のペインターで、最近はシルクスクリーンやリトグラフなどの版画作品も数多く発表しており、今秋には「ディオール(DIOR)」とのコラボレーションも発表していた。今回「ゾゾヴィラ」で販売する作品も、同時期(12月4日〜2022年1月8日)に東京・銀座の「リコーアートギャラリー」で開催される個展「Ontology」に合わせたもの。「ゾゾヴィラ」で販売する作品は9型(全38種類)で、抽選販売になる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら