ファッション

「ゾゾヴィラ」で人気作家のアート作品を販売、価格は33万円〜49万5000円

 ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するZOZOは12月4〜17日、高級ブランドを集積した「ゾゾヴィラ(ZOZOVILLA)」で現代アート作家の井田幸昌氏のシルクスクリーン作品を限定販売する。価格は33万円〜49万5000円で、ファッションの通販サイトでアート作品を売るのは珍しいが、3月のリニューアルでも井田氏とコラボレーションしており、高級ブランドを集積した「ゾゾヴィラ」ならではの取り組みになる。

 井田昌幸氏は東京芸術大学油絵科出身のペインターで、最近はシルクスクリーンやリトグラフなどの版画作品も数多く発表しており、今秋には「ディオール(DIOR)」とのコラボレーションも発表していた。今回「ゾゾヴィラ」で販売する作品も、同時期(12月4日〜2022年1月8日)に東京・銀座の「リコーアートギャラリー」で開催される個展「Ontology」に合わせたもの。「ゾゾヴィラ」で販売する作品は9型(全38種類)で、抽選販売になる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。