ファッション

ハンドバッグがメンズ市場で人気高騰? ジェンダーの流動性を楽しむトレンドが浸透か

有料会員限定記事

 これまでメンズアイテムとして生産され、メンズの棚に並ぶバッグといえば、メッセンジャーバッグやバッグパックが多数を占めていた。しかし、従来ウィメンズ向けとして扱われてきた小ぶりのハンドバッグにも、多くの男性が目を向けるようになっていると米「WWD」は報じる。ジェンダーレスなアプローチが“普通”になりつつある次世代の生活者が盛り上げる、最新メンズバッグトレンドとは。ファッション業界でバッグ市場をウオッチしてきたインフルエンサーや、セレクトショップオーナーの声などを交えて紹介する。

 「ジャンバティスタ ヴァリ」2022年春夏パリ・コレクション発表の際には、マッチング・ファッションで人気を集めるインフルエンサーデュオ、イザベル・シャパット(Isabelle Chaput)とネルソン・ティベルギアン(Nelson Tiberghien)が同ブランドのハンドバッグでそろえたコーディネートを披露した。2人はファッション系インスタグラムアカウント、ヤング・エンペラーズ(Young Emperors)を運営しており、日頃から色や雰囲気をそろえてそれぞれが自己流に着こなすリンクコーデが人気を集める。22年春夏シーズンのミラノやパリ・ファッション・ウイークのストリートスナップでも、メンズライクなファッションにハンドバッグを合わせたスタイリングが見られた。

 ロンドンを拠点とするコンセプトストア「マシーンA(Machine-A)」を運営するスタブロス・カレリス(Stvros Karelis)創業者兼バイイング・ディレクターは、「これは非常に大きなトレンドだ。伝統的に“ウィメンズ”とラベリングされてきたバッグを持つことに抵抗のない男性は増えるばかり。むしろ、あえて持つことでジェンダーの流動性を楽しんでいる。次世代の人の多くはアイテムのジェンダーを気にかけるより、デザインや自分がどう感じるかを大切にしている印象だ。ドレスアップしたときに自信を感じたりすることや、美しいデザインのバッグを持つことに重きを置いている」と語る。

 ブランドが打ち出すキャンペーンに目を向けてみると、男性の著名人やインフルエンサーがハンドバッグの広告に登場するケースも増えている。「グッチ(GUCCI)」が20年にユニセックスモデルの“ジャッキー1961(Jackie 1961)”を発表した際には、ハリー・スタイルズ(Harry Styles)らが、深夜のトークショー番組風に制作した「ビラブド(Beloved)」広告キャンペーンに同バッグとともに登場している。

メンズバッグのデザインの移り変わり

 「エルメス(HERMES)」などのラグジュアリーブランドのハンドバッグを扱うニューヨーク発のリセーラー、「マディソン・アベニュー・クチュール(Madison Avenur Couture)」のジュディ・テイラー(Judy Taylor)創業者は、「多くの男性は前から『エルメス』などを収集してきた。その大きさは関係なく、小さいものから大きいものまで幅広く好んでいた」と分析。「長きにわたって愛されているバッグは、『エルメス』の“オータクロア(Haut a Curroies)”や、“バーキン(Birkin)30”、“バーキン40”など。元プロボクサーのフロイド・メイウェザー(Floyd Mayweather)も大きめのレザーバッグを持ち歩いていたので、一般的に使われるサイズだった」という。

 一方で近年は、「『エルメス』の需要を見ると、メンズの商品でもサイズが徐々に小さくなる傾向にあり、25cmのものが今人気だ。メイクアップアーティストのジェフリー・スター(Jeffree Star)も以前は35cmのものを使っていたが、多くを売って小さなバッグに切り替えている」と述べる。「エルメス」の“カーゴバッグ(Cargo Bag)”など、“ユニセックス”として売られる商品も多様なジェンダー層から人気を集めているという。ネイビーやサンドカラーをそろえる同商品について、「今一番人気のバッグは、ニュートラルカラーのもの。グレーやタン、ブラック、オフホワイトなどのバッグが幅広く受けがいい」とトレンドを実感している。

この続きを読むには…
残り2694⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら