ビューティ

春限定の“ボタニカルスプリングシリーズ”が登場 サクラが香るヘアパフュームに注目

 I-neが展開するボタニカルライフスタイルブランド「ボタニスト(BOTANIST)」は、春の限定製品“ボタニカルスプリングシリーズ”を発売した。

 現在、日本のサクラの中心となっているソメイヨシノは、1本の原木から増え続け、春になると世界中をピンク色に染め、人々を楽しませている。そんなソメイヨシノのように、自らが周りを染めていく、周囲に影響を与える存在になれるチャンスは誰にでもある。2022年のスプリングシリーズは、「サクラの香りの力を少しだけ借りて、勇気を持って動き出してほしい」という思いのもと、サクラの香りやピンク色のパッケージにこだわった。

 アイテムには、長野県や茨城県産のソメイヨシノ葉を使用した。世界的にも貴重な国産のサクラを守るため、生息しているサクラを採取するのではなく、街路樹の枝の剪定時に出る葉を活用。サステナビリティを意識した取り組みとなっている。

 ヘアケアやボディーケアには、厳選した保湿成分をブレンドした“スプリングバリアコンプレックス”処方を採用。ヘアケアには、ワサビノキ種子エキス、マグワ根皮エキス、ボタンエキスなどを配合し、髪の静電気を抑えて花粉の付着を防ぐ。ボディーケアにはカミツレ花エキス、ドクダミ葉エキス、ボタンエキスなどの保湿成分を配合し、髪と肌を乾燥から守る。

 毎年人気の“ボタニカルスプリングヘアパフューム”(各52mL、各税込1870円)は、今年限定の香りとデザインを採用した。香りは甘く優雅なサクラ&ジャスミンと、直営店限定のサクラ&ミュゲの2種展開。ふんわりと優しい香りで髪を包み込む。

 その他のラインアップは、モイスト・スムース・ダメージの3タイプから選べる“ボタニカルスプリングシャンプー”(各490mL、各税込1540円)と“同トリートメント”(各490g、各税込1540円)、サクラ&バイオレットの香りの“ボタニカルスプリングボディーソープ  ディープモイスト”(490mL、税込1100円)、集中補修しながらウェットなスタイリングが可能な“ボタニカルスプリングヘアバーム”(32g、税込1650円)だ。

 なお日本のソメイヨシノは現在、そのほとんどが寿命を迎える危機にあると言われている。「ボタニスト」では美しい日本のサクラを後世に残すために、今年の“ボタニカルスプリングシリーズ”の売り上げの一部を日本さくらの会を通じて寄付し、ソメイヨシノの樹勢回復などの保全活動を支援する。

 また1月31日までの期間で、“Sakura Brings Happiness 桜に染める、未来に繋ぐ”キャンペーンを実施。今までのサクラとの思い出や、守りたいサクラの写真をインスタグラムやツイッターで投稿すると、抽選で合計50人に“ボタニカルスプリングシリーズ”のアイテムやサクラで染めたオリジナルエコバッグをプレゼントする。詳しくはキャンペーン特設サイト参照だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら