ビューティ

買収か?協業か?伸びるD2Cブランドの次の選択は【今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、盛り上がるD2Cブランドの未来像についての話。

【賢者が選んだ注目ニュース】
サティス製薬が化粧品ブランドを立ち上げたい個人向けにインスタを開設
資生堂が買収した米D2Cブランド「ドランク エレファント」10月に日本上陸

 ヘアケアからライフスタイルブランドへと拡大した「ボタニスト(BOTANIST)」、メンズスキンケア市場をけん引する「バルクオム(BULK HOMME)」、パーソナライズドヘアケアのパイオニア「メデュラ(MEDULLA)」など、デジタルマーケティングを駆使して成長を続けるブランドのパッケージ裏に「サティス製薬」の名前を見ることが多くなった。先日開設された公式インスタグラムでは、化粧品ブランドを作りたいがどう始めていいか分からないという個人を対象に、製品企画のコツや原料選び、商談のポイントなど、自社のノウハウを惜しげもなく発信している。

 サティス製薬は原料メーカーとしての顔も持ち、オリジナル原料を提供できるほか、最低1000個からの小ロット生産に対応できるなど、スタートアップ向けに生産体制をチューンナップしている点が強み。ビューティ分野への進出を考える異業種だけでなく、インフルエンサーなどの個人にとっても強い味方になるだろう。公式インスタグラムの投稿はビジュアル面も工夫されており、個人ブランドを作りたい美容系インフルエンサーにアプローチする工夫が見てとれる。

この続きを読むには…
残り1478⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら