ビューティ

即日配送やライブイベントが変える「店舗の購買」【今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、テック系ビューティメディアの編集長がリアル店舗の魅力を考察する。

【賢者が選んだ注目ニュース】
コーセーが自宅で眠ったメイクアイテムを活用したメイクイベント定期開催
「ラッシュ」がデリバリーサービス「ウォルト」と提携 30分で製品を配達

 化粧品やファッションECを利用するユーザーにとって、配送時間はハードルの1つだ。翌日受け取れるケースは増えてきたものの、「いま欲しい」「今日使いたい」というニーズに応えるには注文後30分〜2時間程度で自宅に届くか、近隣のコンビニなどで受け取れるようなデリバリー体制が必要になる。そのラストワンマイルを担うのが、フードデリバリーサービスだ。

 中国ではすでに、化粧品小売チェーンのワトソンズなどが2018年にアリババグループのフードデリバリー「ウーラマ」と提携し、いち早く即日配送をスタートしている。また「セフォラ」や、現地で若い世代に人気の化粧品小売チェーンの「ザ・カラリスト」は、テンセント傘下の「メイトゥアン」と提携。小売店だけでなく、「イニスフリー」や中国の「AFU」といったブランドもウーラマに出店している。

 日本でも、「ラッシュ」が化粧品ブランドとして初めてフードデリバリーサービスの「ウォルト」と提携し、即日配送を開始したことが「WWDJAPAN.com」で伝えられた(7/21 「『ラッシュ』がデリバリーサービス『ウォルト』と提携 30分で製品を配達」)。

この続きを読むには…
残り1248⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら