ビューティ

「シセイドウ」が吉高由里子を日本アンバサダーに起用 新製品発売に合わせ動画公開

 資生堂が世界88の国と地域で展開するブランド「シセイドウ(SHISEIDO)」は、女優の吉高由里子をジャパンアンバサダーに起用した。1月6日に公開した“エッセンシャルイネルジャ”のウェブ動画にも登場している吉高は、「今回私がアンバサダーを務めさせていただくことで、『シセイドウ』への共感を皆さんにより感じてもらい、自分らしく、親近感をもって寄り添える存在になれるといいなと思います」とコメントを寄せている。

 「内なる力と、生きていく。」をテーマにした動画では、吉高がスキンケアを行う映像に乗せ「今だからこそ感じること」「内なる力の源」などの問いに答える形で構成。役柄を演じるのではなく吉高由里子としての出演は過去になく、吉高は撮影前に「どんなんだろう、逆に緊張する」と語っていたという。公式サイトではメイキングのインタビュー映像も公開する。

 動画にも登場する“エッセンシャルイネルジャ”は1月1日にリニューアル発売。肌の中に眠る可能性に着目し、独自開発の保湿成分を配合した。“ハイドレーティング クリーム”(50g、税込7150円)、“ハイドレーティング デークリーム”(50g、税込7150円)があるほか、オンラインでは“ハイドレーティング クリーム”のミニサイズ(30g、同4620円)も限定販売している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら