ビューティ

ECでの売れ筋キーワードは“話題性”“お得感”“お試し” 「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」を読み解く

 「WWDJAPAN」は、「WWDJAPAN」の12月20日号および「WWDJAPAN」デジタルで「2021年下半期ベストコスメ」の結果を発表した。全国の百貨店とセミセルフショップ、バラエティーショップ、ドラッグストア、ECのバイヤーに21年5〜10月に“本当に売れた”アイテムをヒアリングし、この間発売された新製品の各部門ベスト3と、新製品と既存品を合わせた全製品(総合)の各部門ベスト3が出そろった。ここではECでのランキング結果をもとに、下半期ベストコスメから読み解ける市場のトレンドを紹介する。

 ECの売れ筋には、今回は3つの傾向が見られた。1つは「SNSやTVCMで話題になった製品が売れた」という傾向だ。アマゾンでは、SNSで“バズった”「メラノCC」の“メラノCC薬用しみ対策美白化粧水”、TVCMの影響で注目度が増した「バルクオム(BULK HOMME)」の“ザ フェイスウォッシュ”、SNSで情報が大いに拡散された「なめらか本舗」の“なめらか本舗リンクルUV乳液”などがヒット。ZOZOCOSMEでも韓国コスメブームで人気となった「モレモ(MOREMO)」の“リペア シャンプー R”などが好調だった。

 さらに(今回の「WWDJAPAN」ベストコスメではアンケート調査を行わなかったが)21年の“アットコスメ ショッピング ベストヒット賞”を見ると、“総合”ではSNSで「いい香り」と話題になった「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」の“レプリカ オードトワレ レイジー サンデー モーニング”が1位、“下半期新人賞”では品薄であることも拡散された「ケイト(KATE)」の“リップモンスター”が1位となった。

メンズコスメのトライアルセットが人気

 2つ目は、「お得感のあるセットが人気」という傾向だ。アマゾンでは、「なめらか本舗」の“ミスト化粧水2本セット+なめらか本舗 美白ライン トライアルセットつき”(限定品)や、「デオナチュレ」の“ソフトストーンW×2個+汗スッキリ石けん付”がランクイン。ZOZOCOSMEでも「クリニーク(CLINIQUE)」の“テイク ザ デイ オフ クレンジング バーム Duo セット”(限定品)などが人気を博した。

 3つ目の傾向は、「トライアルセットやお試し商材が人気」ということだ。「オルビス ミスター(ORBIS MR.)」の“ミスター お試しセット(ウォッシュ+トライアル+Mr泡立てネット)”、「THREE」の“フォー・メン ジェントリング トライアルキット”などがランクイン。トライアルセットにメンズものが多いのは、コスメに慣れていない男性が“エントリーアイテム”を求めている流れを反映してのことだろう。さらに、タッチアップが難しい状況下であることも影響してか、「エクセル(EXCEL)」の“セラムオイルクレンズ お試しパウチ”などパウチ類の売れ行きも目立った。「店舗に行って購入するほどではないが、パウチがあればやはり試してみたい」というニーズに対し、手軽に購入できるECは親和性が高いようだ。

 一方“お試し”とは真逆の方向性である、“大容量もの”に関してもECは強い。「ロゼット(ROSETTE)」の“洗顔パスタ 海泥スムース 180g” (通常の1.5倍サイズ、アマゾン限定)や、「パンテーン(PANTENE)」の“シャンプー エクストラダメージケア 詰め替え 超特大 2200mL”なども売れ筋だった。「重くても持ち帰る必要がないから楽」というECならではの利便性に加え、「コスパがいい」「エコにつながる」などの購入理由もあったようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら