ビューティ

少しずつメイクアイテムが復活か 「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」を読み解く

 「WWDJAPAN」は、「WWDJAPAN」の12月20日号および「WWDJAPAN」デジタルで「2021年下半期ベストコスメ」の結果を発表中だ。全国の百貨店とセミセルフショップ、バラエティーストア、ドラッグストア、ECのバイヤーに21年5〜10月に“売れた”アイテムをヒアリングし、この間発売された新製品の各部門ベスト3と、新製品と既存品を合わせた全製品(総合)の各部門ベスト3が出そろった。

 これまでコロナ禍で製品を店頭で試せない関係で、長く人気が続く定番品が売れる傾向にあった。またおうち需要の高まりによる香り付きのボディーケアアイテムの人気も高く、マスク生活によりファンデーションの代わりに下地が上位を占めた。今季もその傾向は続きつつ、少しずつポストコロナの市場が垣間見れるようなトレンドが目立った。例えばリップメイクはマスク生活の関係でリップバームをはじめとするケアアイテムがトップを占めていたが、今季は色付きのリップカラーがランクイン。アイメイクも使いやすい定番のパレットに加え、キラキラ系の単色アイシャドウがランクインするなど、少しずつ華やかなメイクを楽しむ傾向が見られた。

 ここでは、そんな下半期ベストコスメから読み解ける市場のトレンドを紹介する。

スキンケアは定番品の人気続く

 スキンケアは、歴代のベストコスメの殿堂入りアイテムが多くランクイン。「イプサ(IPSA)」の“ザ・タイムR アクア”や「アルビオン(ALBION)」の“薬用スキンコンディショナー エッセンシャル”など、長年支持されているベストセラーアイテムが今季も上位を占めた。バイヤーは「アルビオン」の“薬用スキンコンディショナー エッセンシャル”を「さっぱりとした使用感と肌へ浸透力の高さで潤いが持続し、幅広い年齢層のお客さまから支持。20代の若い世代まで広がりを見せた」と評価するように、男女問わず幅広い年齢に人気のアイテムが相変わらず売れている。その傾向は美容液部門でも見られ、総合部門に「ポーラ(POLA)」の“リンクルショット メディカル セラムN”や「ランコム(LANCOME)」の“ジェニフィック アドバンストN”と定番品がランクインし、加えて新製品も「コスメデコルテ(DECORTE)」の“リポソーム アドバンスト リペアセラム”や「シセイドウ(SHISEIDO)」の“アルティミューン パワライジング コンセントレートⅢ”といった定番製品のリニューアル品がランクイン。安心して使えるベストセラー製品への支持は、しばらく続きそうだ。

メイクアップは外出の規制緩和で復調か

 コロナ禍で最も打撃を受けたカテゴリーがメイクアップなのは言うまでもないだろう。マスク生活によるリップアイテムやファンデーションの低迷は長く続いたが、下半期の後半からは緊急事態宣言も解除され、少しずつ外出する機会が増えた。これにより、リップメイク部門は前回までリップバームやオイルなどのケア製品が占めていたものの、今季は「アディクション(ADDICTION)」の“ザ マット リップ リキッド”や「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」の”ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ウォーターステイン”、「スック(SUQQU)」の"シアーマット リップスティック”などがランキングに登場。いずれも華やかなカラーを唇に与えながらマスクにはつきにくい処方で、マスクはつけるものの外出が増える昨今のニーズにマッチしている。

 アイメイクもこれまでブラウン系を中心した“保守派”のアイシャドウパレットが上位を占めていたが、今季は「アディクション」の“ザ アイシャドウ”といった単色系アイシャドウがランクイン。中でも“スパークル004 Mariage”というカラーが人気で、キラキラしたアイシャドウが上位に。コロナ前も自由自在に華やかなメイクアップを楽しみたいニーズから単色系アイシャドウがトレンドだったが、久しぶりにそういった傾向が戻ってきたことが分かる。

フレグランス系は人気の金木犀アイテムがランクイン

 ボディーケアやフレグランス部門に複数ランクインしたのが、今年大きなブームとなった金木犀の香りのアイテムだ。中でも人気なのは「ロクシタン(L'OCCITANE)」の“オスマンサスオードトワレ”や“オスマンサス ハンドクリーム”。ドラッグストア&バラエティーショップ&EC部門のトップにも一部金木犀の香りのアイテムがランクインし、今年を代表する香りになった。ボディーケア部門では総合・新製品ともにトップ3をハンドジェル・ハンドクリームが占め、コロナ禍のニーズが続いている。またシャンプー・コンディショナー部門の新製品部門には「ロクシタン」の固形シャンプーがランクインするなど、サステナビリティへの関心の高まりも伺える結果となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら