ファッション

三井物産と日鉄物産の繊維統合新会社はMNインターファッションに

 三井物産と日鉄物産は24日、両社の繊維部門を統合して発足する新会社名を、MNインターファッションと発表した。社長には三井物産アイ・ファッションの木原伸一会長(61)が、副社長には日鉄物産の繊維部門を管掌する吉本一心(かずみ)取締役常務執行役員(58)が就く。常勤の取締役には、両社からそれぞれ3名が就任する。新会社は来年1月1日付で発足し、来年4月からはオフィスも港区赤坂の赤坂Kタワーに統合する。

 新会社は三井物産の子会社三井物産アイ・ファッションを承継会社とし、三井物産と日鉄物産の両社で新会社MNインターファッションの株式を50/50の比率で持ち合う。三井物産アイ・ファッションの2021年3月期の業績は796億円、経常利益が13億円、日鉄物産の繊維部門は売上高が984億円、経常利益が16億円。単純合算で売上高1780億円の巨大な繊維専門商社が誕生することになる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら