ファッション

米ファッション界のオスカー、2021年「CFDAアワード」受賞者を一挙公開 ゼンデイヤが今年のファッションアイコンに輝く

 アメリカファッション協議会(COUNCIL OF FASHION DESIGNERS OF AMERICA、CFDA)は10日、2021年「CFDAアワード(CFDA Awards)」の受賞者を発表した。20年には新型コロナウイルスの影響でオンライン開催となったが、今年はニューヨークのシーグラム・ビルディングで開かれた。

 アメリカ人デザイナーを表彰する賞は全部で4部門。ウィメンズウエア・デザイナー部門には、自身の名を冠したブランドを持つクリストファー・ジョン・ロジャーズ(Christopher John Rogers)が栄光に輝いた。「ケイト(KHAITE)」のデザイナー、キャサリン・ホルスタイン(Catherine Holstein)やガブリエラ・ハースト(Gabriela Hearst)、マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)、ピーター・ドゥ(Peter Do)らの中から選出された。ロジャーズはアメリカ・ルイジアナ州生まれのデザイナーで、19年にはCFDA/ヴォーグ ファッション基金アワード(CFDA/Vogue Fashion Fund Award)を受賞している。

 メンズウエア・デザイナー部門は、「フィアー オブ ゴッド(FEAR OF GOD)」のジェリー・ロレンゾ(Jerry Lorenzo)や「アミリ(AMIRI)」のマイク・アミリ(Mike Amiri)、「テルファー(TELFAR)」や「トム ブラウン(THOM BROWNE)」のデザインを手掛けるテルファー・クレメンス(Telfar Clemens)らの中から、「ボーディ(BODE)」デザイナーのエミリー・アダムス・ボーディ(Emily Adams Bode)が受賞。同氏は過去に新鋭デザイナー部門でも受賞している。

  バッグがアメリカの若者を中心にカルト的人気を集めるブランド「テルファー」のテルファー・クレメンスは、昨年に続いてアクセサリー・デザイナー部門に選ばれた。「ザ・ロウ(THE ROW)」を手掛けるアシュリー&メアリー・ケイト・オルセン(Ashley and Mary-Kate Olsen)姉妹や、「ブラザー ベリーズ(BROTHER VELLIES)」のデザイナーであり「15パーセントプレッジ」創設者のオーロラ・ジェームス(Aurora James)、ガブリエラ・ハースト、「コーチ(COACH)」のスチュアート・ヴィヴァース(Stuart Vevers)らを抑えての受賞となった。

 新鋭デザイナー部門は、ブルックリンを拠点とするコンテンポラリーブランド「シオフィリロ(THEOPHILIO)」のエドヴィン・トンプソン(Edvin Thompson)に贈られた。カリフォルニア発の気鋭ブランド「ERL」を手掛け、カニエ・ウェスト(Kanye West)のMVを監督するなどの経歴があるデザイナー、イーライ・ラッセル・リネッツ(Eli Russell Linnetz)やジュエリーブランド「カイリー(KHIRY)」のジャミール・モハメッド(Jameel Mohammed)、「イージー(YEEZY)」のウィメンズウエアを担当した経歴も持つ「メイジー ウィレン(MAISIE WILEN)」のデザイナー、メイジー・シュロス(Maisie Schloss)もノミネートされていた。

 20年に続き、CFDAは今年も世界で活躍するデザイナーに贈る2つの賞を設けた。インターナショナル・ウィメンズ・デザイナー部門は「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)=アーティスティック・ディレクターが選ばれた。「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のダニエル・リー(Daniel Lee)や「プラダ(PRADA)」のミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)とラフ・シモンズ(Raf Simons)、20年に受賞している「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)、「ジャックムス(JACQUEMUS)」のサイモン・ポート・ジャックムス(Simon Porte Jacquemus)らの中から選ばれた。

 インターナショナル・メンズ・デザイナー部門は、ロンドンのブランド「ウェールズ ボナー(WALES BONNER)」を手掛ける注目のデザイナー、グレース・ウェールズ・ボナー(Grace Wales Bonner)が受賞。ジャマイカ出身の父親を持ち、自身のルーツであるブラック・カルチャーをテーラリングに織り込んだデザインを展開する同氏が、ダニエル・リーやドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)、リック・オウエンス(Rick Owens)、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)らの中から栄冠に輝いた。

 さらに特別賞として、俳優のゼンデイヤ(Zendaya)がファッションアイコン部門を受賞。アニャ・テイラー・ジョイ(Anya Taylor-Joy)は2021年の顔に輝いた。アナ・ウィンター(Anna Wintour)米「ヴォーグ(VOGUE)」編集長兼コンデナスト アーティスティック・ディレクターは、「15パーセントプレッジ」の立ち上げと黒人デザイナー・ブランド支援におけるオーロラ・ジェームスの功績を讃え、創設者部門を贈った。

 ほかにも、メディア部門は「エル(ELLE)」のニーナ・ガルシア(Nina Garcia)編集長が、環境問題のサステナビリティ部門はスポーツウエアの「パタゴニア(PATAGONIA)」が受賞し、フェフリー・ビーン賞が伝説的テーターのダッパー・ダン(Dapper Dan)に贈られた。ボード・オブ・ディレクターズ・トリビュート賞として、マレーシアにルーツを持ち、中国の伝統を受け継いだデザインを手掛けるヨーリー・テン(Yeohlee Teng)には、審査員のマイケル・コース(Michael Kors)から激励賞が贈られた。社会的にポジティブなインパクトを残しているとして、モデルの労働環境の改善に取り組む団体を立ち上げたサラ・ジフ(Sara Ziff)は、ポジティブ・ソーシャル・インフルエンス部門に輝いた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら