ファッション

「ヴェルサーチ」2016年春夏ミラノ・コレクション

REPORT

モダンな都会の女豹たちはクラッチよりもリュックを選ぶ!?

会場をミラノ中央から少し離れた、ガランとした倉庫のようなスペースへ移した「ヴェルサーチ(VERSACE)」。夜20時、素足にハイ&ピンヒール、そして完璧なメイクでドレスアップしたゲストが続々と集まる「ヴェルサーチ」の濃厚な雰囲気は、パリや東京のファッション・ウイークにはないミラノ独特のものだ。

そんな夜の都会が似合うスーパーセクシーが信条であることは今季も変わらないが、一昔前のゴージャス一筋の「ヴェルサーチ」とは違い、最近はストリートや音楽といったヤングカルチャーをコレクションにも意欲的に取り入れている。サーチライトに照らされたコンクリートむき出しのランウエイや、ドナテラ・ヴェルサーチがサポートを表明しているミュージシャン、ヴィオレッタによるBGMにはその姿勢が反映されている。

テーマは“アーバン・ジャングル”。サファリの要素を取り入れた、テーラードジャケットに始まり、セクシーでワイルドな“女豹”たちが次々と登場した。テーラーリングとクチュールワークをベースに、スポーティーなアイテムとフェミニンな素材やディテールを融合。シルエットが美しミリタリーグリーンのジャケットは、大きなポケットをアクセントにして、ウエストはスポーティーなバンドでぴったりとマークしている。

ラミネート加工したブークレのジャケットにシルクシフォンのフリンジを飾ったり、大胆なスリットを施したペンシルスカートの裾を切りっぱなしにしたり。キーモチーフのアニマル柄は、色も種類もミックスレオパードとゼブラがひとつになり、スキニーなシャツとパンツのセットアップからドレスにまで登場した。

クチュールメゾンならではの職人による手仕事は、スパンコール刺しゅうなど一目でわかるところだけではなく、スエードとアニマルプリントのボンディングなど、一見ではわからないところにも発揮されている。

「そんな都会のセクシーウーマンたちが手にしているバッグで印象的なのはカジュアルなリュックサック。ドレスアップしてパーティーに行くときもクラッチよりもリュック、が気分のようだ。」

LOOK

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら