ビューティ

「ルルルン」がロゴとパッケージをリニューアル 紙素材の容器を採用

 グライド・エンタープライズのフェイスマスクブランド「ルルルン(LULULUN)」は10月1日、デビュー10周年を記念してブランドロゴを一新する。新しいロゴは、旧デザインを生かしつつ“ゆらめく”ようなラインで潤いを表現。ロゴのリニューアルに伴い、ブランドを代表するフェイスマスクシリーズ“ルルルン”は商品名を“ルルルンピュア”に変更し、パッケージデザインや処方を刷新して同日発売する。

 「ルルルン」は2011年の誕生以来、「毎日使いのフェイスマスク」を提案しながら、大容量タイプのフェイスマスクを中心にスキンケアアイテムを展開してきた。今回のリニューアルを機に、ブランドコンセプトの“ごきげんをつくる”を軸にしながら、今後“地球もごきげんにする”べく、地球環境に配慮した取り組みをはじめる。

 まずは、“ルルルンピュア”の大容量パッケージでFSC認証紙を使用した紙素材の容器を採用する。容器の変更により、年間約110トンのプラスチック削減(20年2月~21年1月におけるルルルンBOXタイプの総生産数より算出/対象シリーズ:“ルルルン”、“プレシャス”、“オーバー45”)を見込む。また、従来品よりも高さを15mm低くしコンパクト設計を実現した。なお、同フェイスマスクシリーズにおける大容量サイズのパッケージデザインの刷新は今回が8回目。

 “ルルルンピュア”は、10~20代の肌荒れやゆらぎ肌のために開発。潤いタイプの「ルルルンピュア ピンク(バランス)」(36枚入り・税込1650円、7枚入り・税込385円)、高保湿タイプの「ルルルンピュア 青(モイスト)」(36枚入り・税込1760円、7枚入り・税込495円)、透明感タイプの「ルルルンピュア 白(クリア)」(36枚入り・税込1760円、7枚入り・税込495円)の3タイプを展開する。シリーズの共通成分として整肌成分のビルベリー葉エキスを配合。ブルーライトなどの外部刺激による乾燥から肌を守るほか、スキンコンディショニング効果で肌荒れを防ぎ、ピュアな素肌へ導く。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら