ファッション

「クロエ」表参道店がリニューアル ガブリエラ・ハーストが描く“ホーム”な空間

 「クロエ(CHLOE)」はこのほど、東京・表参道の旗艦店をリニューアルオープンした。2021-22年秋冬コレクションからクリエイティブディレクターに就任した、ガブリエラ・ハースト(Gabriela Hearst)のビジョンを反映した国内初の店舗となる。今年中にパリのサントノーレ、ニューヨーク、上海2店舗を含む5店舗がリニューアルオープンする予定だ。

 リニューアルのコンセプトは、「クロエ」創業者のギャビー・アギョン(Gaby Aghion)とハースト自身のルーツだ。内装は温かみのあるデザートカラーでアギョンの生まれ故郷エジプトを、アースカラーでハーストが育った南米ウルグアイを表現している。

 店内には、籐や木材、天然繊維、テラコッタなどの自然素材を多用し、家のような居心地のいい空間を演出。ハーストはサステナビリティにも力を入れており、デザインから施工までの全工程における環境負荷も考慮し、インテリアも全てビンテージ家具でそろえた。

 さらに、日本人アーティストとのコラボレーションも実施。表参道店には、彫刻家・西村浩幸のウッドスチールと、セラミックアーティストの松永圭太による陶器が点在する。それぞれの都市の特徴をさりげなく生かすことで、ハーストが表現する“ホーム”が完成した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら