ファッション

「クロエ」のCEOが指揮する “パーパス・ドリブン”なブランドへの転換

有料会員限定記事

「クロエ(CHLOE)」といえば、美しいシルエットのパンツや可愛らしいデザインのブラウス、金具が印象的なバッグを思い浮かべる人も多いのではないだろうか。しかし、ブランドの“存在価値”はもっと深いところにある。

 昨年12月にコンパニー・フィナンシエール・リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT以下、リシュモン)傘下の同メゾンに入社したリカルド・ベッリーニ(Riccardo Bellini)最高経営責任者(CEO)は、「クロエ」のルーツである女性の自由と前進に強くコミットメントする方針を打ち出した。それにより、クリエイティブなだけでなく、ビジネスモデルを“パーパス・ドリブン(目的主導)”でコミュニティーに根差し、説明責任を果たすものへと再構築する。

 “パーパス・ドリブン”とは、企業活動の中心にパーパス、つまり企業の存在意義を据えて従業員が行動することを指す。11月に行われた就任後初のインタビューで明かした、具体的な計画とは?
 

 「私たちはコレクションへのフォーカスから、人と人とのつながりに重きを置くようにシフトしている。もはやコレクションを作り発表するだけでは十分ではない。どのように観客とつながりを持ち、そのつながりをどのように育み、成長させていくかということを継続的に探求しているところだ。ブランドの存在意義や信念、価値観、つまり“パーパス”は、商品や美学と同じくらい重要なものになるだろう」とベッリーニCEOは語る。同氏はこの考えに行き着くために、社会学者などの専門家の力も借りた。

 具体的なアクションとしては、環境損益計算(EP&L)同様の計算書の作成や、環境や社会に配慮した事業活動を行う企業に与えられるBコープ(B Corp)認証の取得から、女子教育に特化した基金や説明責任を果たすための専門家から成る諮問委員会の設立まで多岐にわたる。そして、「 “パーパス・ドリブン”というコンセプトは、収益性のある成長と地球や社会、コミュニティーへの積極的な貢献を両立させることだ」と強調し、「私たちのモットーは、美しく、収益性があり、有意義であることだ」と笑顔で答える。

この続きを読むには…
残り3544⽂字, 画像8枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら