ファッション

「ティファニー」がダニエル・アーシャムと協業 ブルーボックスと“ティファニー ノット”のブレスレットが登場

 「ティファニー(TIFFANY & CO.)」は、コンテンポラリーアーティストのダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)とコラボレーションした。アーシャムが「ティファニー」のブルーボックスを解釈してアートワークとして表現した「Bronze Eroded Tiffany Blue Box(腐食したティファニーブルーボックス)」は、アーシャムが想像上の未来のレンズを通して現代的なモノを再構成した「Future Archeological(未来の考古学)」のアートワークの最新作となる。アーシャムはこのボックスの彫刻の特徴とゆがみで過去、現在、未来をつなぐ時間の緊張感を表現。彼は「アンティーク風の仕上げを通して、ブルーボックスが誕生した当初の意図とは異なるアプローチをした。ブルーボックスが今後何世紀にもわたり意義のある存在であることを表現している」とコメントしている。

 ボックスの中には、“ティファニー ノット×ダニエル・アーシャム スタジオ バングル”が入っている。バングルには1974年にティファニーが発見した宝石のツァボライトがあしらわれており、ツァボライトの色合いはティファニーブルーとアーシャムのスタジオのシンボルカラーをほうふつとさせる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら