ファッション

「エンダースキーマ」を運営するライコスが書籍を出版 みうらじゅんや長谷川昭雄らによるコンテンツも収録

 「エンダースキーマ(HENDER SCHEME)」などを手掛けるライコス(laicoS)が、これまでの活動をまとめた書籍「principle」(全102ページ、税込2860円)を出版した。

 ライコスは、靴を中心としたアイテムを取り扱うブランド「フォート(_FOT)」やドイツ発のユニセックスブランド「ポリプロイド(POLYPLOID)」、東京・恵比寿の「ケージギャラリー(CAGE GALLERY)」を運営し、「エンダースキーマ」が立ち上げ10周年を迎えた節目として今回の出版に至った。

 書籍は、一般発売する「principle Social」版と「principle laicoS」版の2種類を製作。2冊は対の関係にあり、ライコスの歩みをそれぞれ異なる方法で表現したという。「principle Social」版には、写真家の三部正博やイラストレーターのみうらじゅん、ファッションディレクターの長谷川昭雄、弁護士の水野祐、アーティストの平山昌尚の5人が自由に制作した“解釈と表現”を収録した。

 書籍は直営店のスキマ各店舗のほか、スキマ オフィシャルオンラインショップや全国の「エンダースキーマ」取扱店で販売中。スキマでは、「principle laicoS」版を同梱したレザーケースによるパッケージのスペシャルエディション(同8800円)を30部限定で取り扱っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら