ファッション

「エンダースキーマ」の新プロジェクト第2弾は名作をレインシューズに 価格はオリジナルの半分以下

 東京発のフットウエアブランド「エンダースキーマ(HENDER SCHEME)」は5月11日、過去に発表したアイテムを違うアプローチでリプロダクトするプロジェクト「パラレル/(PARALLEL/)」の第2弾となる商品を旗艦店のスキマ恵比寿と合羽橋、オンラインストアで販売する。

 今回は2018年春夏に発表したスリッポンタイプのレザーシューズ“フロント ゴア(FRONT GORE)”をゴムで製作し、レインシューズに仕上げた。シューズのパターンやカラーリングはオリジナルのデザインを再現し、ブラック、ダーク ブラウン、レインボーの3色を発売する。価格は1万8000円。同アイテム発売に合わせ、オリジナルの“フロント ゴア”(5万2000円)も発売する。

 「パラレル/」は18年3月にスタート。第1弾は17年春夏シーズンに発表したスリッパ型のレザーシューズ“ピーク(PEAK)”をリプロダクトして販売した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら