ファッション

「コスメキッチン」のエコバッグに12人の著名アーティストがデザイン

 マッシュビューティーラボは8月8日、ナチュラル&オーガニックのセレクトショップ「コスメキッチン」と「メイクアップキッチン」で同社のサステナブルな活動に共鳴した豪華アーティストたちが参加するエコロジカルプロジェクト「リサイクルキッチン ミーツ アーティスト」を開始する。10月末までの期間中、週替わりで加賀美健やヒロ杉山など12人のアーティストがデザインした“リサイクルキッチン エコバッグ”を全国の直営店限定でプレゼントする。

 リサイクルキッチンは、2020年4月から実施する使用済み化粧品容器を回収し、リサイクルするプロジェクト。この取り組みをさらに盛り上げるため、「リサイクルキッチン ミーツ アーティスト」を行う。

  “リサイクルキッチン エコバッグ”はイラストレーターの網中いずるや、アーティストの伊藤桂司、クリエイティブユニットのエンライトメント(ENLIGHTENMENT)、現代美術作家の加賀美健、イラストレーターのスガミカ、アーティストの高木耕一郎、アーティストのナイジェルグラフ、アーティストの長場雄、アーティストのハイダッチ(hi-dutch)、アーティストの花井祐介、イラストレーターのヒロ杉山、イラストレーターのミヤギユカリがオリジナルで書き下ろした限定デザインを採用。持ち手部分の一部はリサイクルキッチンで回収した使用済み容器や役割を終えたコスメキッチンのユニフォームのアップサイクル素材を使用している。

 全国の「コスメキッチン」「メイクアップキッチン」約90店舗で毎週金曜日に両店舗で購入した使用済みの化粧品容器を持参し、税込8800円以上の購入者を対象に “リサイクルキッチン エコバッグ”をプレゼントする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら