ファッション

表彰台に上がるオリンピアンたちのジャージー姿に惚れる エディターズレター(2021年7月27日配信分)

※この記事は2021年07月27日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

表彰台に上がるオリンピアンたちのジャージー姿に惚れる

 オリンピックの開会式では改めて衣装の力を確認しましたね。やや斜めな気持ちでTVをつけましたが、ゲームのテーマソングが響く中、次々登場する206カ国の選手たちの誇らしげな笑顔に引き込まれました。ゲームについては私はドラクエしか経験がありませんが、各国の衣装を着て登場する選手たちが、ゲームの世界の洞窟から出てくる勇者や魔法使いに見えてすっかり感情移入。特にアフリカ勢の色鮮やかな衣装にはくぎ付けでした。

 日本の衣装については、ちょっと残念。選ばれし選手たちがヒーローというより「スタッフ」に見えたのは私だけでしょうか。これが他国なら記憶に残りにくい。クリーンで整然としているところは日本の良さですが、2021年の今、一人ひとりの個性を引き出すアイデアを盛り込んでほしかったです。

 一方、連日「素敵だな」と思って見ているのは「アシックス」による日本代表の公式ウエアです。特に表彰台に上る日本のメダリストたちのジャージー姿は祝福の瞬間ということもあり、とても魅力的。アスリートの魅力は努力で磨き上げた身体と精神力。それが個性にもつながります。このジャージーはカッティングと色の効果的な使い方でその両方の魅力を引き出していますね。さらに競技後の興奮を高みにもっていく視覚的力があるな、と表彰台に上がる柔道の金メダリスト、阿部詩さんの笑顔を見て思いました。これぞデザインの力です!

 表彰台ジャケットのデザインは「ソマルタ」の廣川玉枝デザイナーが手掛けたそう。彼女は長年、身体と衣服の関係をデザインに落とし込むアプローチを続けており、それがまさに花開いたという感じでしょうか。

 問題山積みの東京オリンピックですが、やっぱりスポーツっていい。ますますのステイホームで自分自身の運動不足に戦々恐々としながら、オリンピアンたちの活躍を応援したいと思います。

IN FASHION:パリコレもストリートも。ジュエリーもインテリアも。今押さえておきたい旬なファッション関連ニュースやコラムを向 千鶴執行役員 WWDJAPAN 編集統括がピックアップ。日々の取材を通じて今一番気になる話題を週に一度お届けします。

エディターズレターとは?
「WWDJAPAN」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在8種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら