ビューティ

「スック」が上海の市中免税にブランド初のカウンター出店

 エキップが展開する「スック(SUQQU)」は6月8日、上海郊外にある複合ショッピングモール「悦達889広場」内にあるCNSC中服免税店内の「ボニー&クライド(BONNY&CLYDE)」にカウンターをオープンした。中国本土の免税エリアへの出店はブランド初で、中国でのブランド認知向上と信頼獲得、ビジネスのさらなる拡大を目指す。

 2003年に誕生した「スック」は現在、国内で42店舗と海外5カ国で展開。19年には中国最大級の越境ECプラットフォーム「天猫国際(Tmall)」に旗艦店をオープンし、昨年12月に上海の「ボニー&クライド」興業太古匯(HKRI Taikoo Hui)、4月には静安嘉里中心(Jing An Kerry Center)にカウンターを設置した。今回の出店は、コロナの影響で訪日が難しい状況を踏まえ、中国本土で中国の消費者との接点を増やすことが目的だ。カウンターでは主力製品のファンデーション「ザ クリーム ファンデーション」やアイシャドウ「シグニチャー カラー アイズ」などをラインアップする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら