ビューティ

「スック」の秋冬カラーコレクションのテーマは“玉樹” クリームファンデーションのカラー拡充も

 「スック(SUQQU)」は、2021年秋冬コレクションを8月6日に発売する。価値ある木を指し、美しく高潔な人という意味をもつ“玉樹”をテーマに、木々から着想を得たカラーをそろえる。

 新作の“シアー マット リップスティック”(全13色、うち限定3色、税込各4950円)は、木々や鉱物など、時を経て一層価値が高まるものからインスピレーションを得たカラーをラインアップする。鮮やかに発色しながらも軽やかなつけ心地で、自然なモード感を演出する。また2本目から繰り返し使うことができる樹脂製の専用キャップ(税込550円)を採用し、環境に配慮する。

 21年春にリニューアルし、計画の2倍のスピードで推移しているという好調の4色アイシャドウパレット“シグニチャー カラー アイズ”(税込各7700円)には、2種が限定で登場する。ピスタチオブラウンとウォームブラウンがセットになった“106 冴樹 -SAEGI”と、くすみを帯びた青み系ブラウンのパレット“107 露桐 -TSUYUKIRI”がそろう。

 そのほか、“トーンタッチ アイズ”(限定2色、税込各4070円)や“ピュア カラー ブラッシュ”(限定2種、税込各6050円)、“ネイル カラー ポリッシュ”(限定4色、税込各2750円)を用意する。

 9月3日には、“諭吉ファンデ”の愛称で支持を集める「スック」の人気アイテム“ザ クリームファンデーション”(税込各11000円)に12色を追加発売する。カラーチャートの空白地帯を埋めるべくより繊細に細分化して開発。アジア女性の肌色のニュアンスに応える絶妙なトーンと、グローバルニーズにも応えるディープトーンもそろえる。一人一人が自分の肌に合ったものを見つけられるように全23色展開となる。なお今回の色の再構築にあたり標準色を廃止。標準色としていた120番は順次販売終了とする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら