ビューティ

「美顔器のスチームを全身に浴びるような感覚」の北欧発のスチームサウナが登場

 サウナとウェルネスのスペシャリスト集団であるアヴァントは、自社ショールームで北欧スウェーデン発の家庭用サウナのトップブランド「ティーロヒーロ(TYLOHELO)」のスチームサウナ体験型施設をオープンした。

 スチームサウナとは、パワフルな蒸気が出て、数秒で室内が温まるサウナ。室温は40~50℃で体に優しく、サステナブルで毎日入ることができ、湿度が100%のため温浴感が高い。サウナ室内は豊潤できめ細かいスチームで満たされるため、美顔器のスチームを全身に浴びているような感覚になり、短時間で体の芯まで温まる。ミストサウナとも異なるもので、日本ではまだあまり知られていない。

 従来のサウナのイメージを覆す心地よさから、家庭に設置したユーザーからは「バスタブはもういらない」という声が多く届いているという。汗をかくことの爽快感と、疲労が回復しチャージされるリフレッシュ感を体験できるので、同社ではフィジカル・メンタルの双方からアプローチしている。

 サウナスペシャリストの肩書きも持つ金子仁美アヴァント社長は、「“サウナは熱くて息苦しいもの”と思っていたが、ふとしたきっかけで20年ぶりにサウナをトライしてみたところ、深いリラクゼーションと爽快感が共存する、今までに味わったことのない体験だった。以来、国内外のサウナを探求し続け、最高のスチームサウナに出合い、輸入販売まで手掛けることになった。このスチームサウナの楽しみ方を広く伝えていくことで、サウナを日常の一部とするライフスタイルを提案していきたい」と話す。

 「ティーロヒーロ」はスウェーデンのハルムスタッドに本社を置き、100年以上の知識・実績とともに、高品質のサウナを作り続けているサウナメーカー。トラディショナルなドライサウナ、スチームサウナを中心に、日本でもラグジュアリーな施設にサウナを提供している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら