ファッション

カッコ良くてサステナ!デンマーク発のE-バイク「メイト. バイク」ってなんだ?

 世界一の自転車都市、デンマーク・コペンハーゲン発のE-バイク「メイト. バイク(MATE. BIKE)」が日本に上陸した。3月には東京・恵比寿に旗艦店をオープンし、アンバサダーを務める俳優の窪塚洋介が出演したプロモーションムービーも公開している。

 E-バイクとは、スポーツバイクに電動アシストユニットを搭載した電動自転車のこと。免許不要で公道を走られ、長距離や坂道の移動が楽チン。二酸化炭素を排出しないサステナブルな移動手段としても世界的に注目を浴びている。

 「メイト. バイク」はクリスチャン・アデル・ミシェル(Christian Adel Michael)とジュリー・クロンストラム・カートン(Julie Kronstrom Carton)の姉弟によって2016年に創業された。クラウドファンディングから始まったスタートアップ企業で、これまで行われたクラウドファンディングでは約7億円(16年)と約19億円(18年)を集め、ヨーロッパ史上最高額を記録。20年秋冬シーズンには「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」とのコラボモデルも発表した。ファッション、テクノロジー、サステナビリティを備えたE-バイクとして、すでに世界80カ国以上で乗られている。

 代表モデルの“メイト エックス(MATE X)”には、前後のフルサスペンション、内蔵バッテリー、配線技術など、これまで日本では導入されてこなかった電動自転車の技術が集結する。一番の特徴は4インチの太い耐パンクタイヤ。3ステップで簡単に折りたためるなど、“もっとこうなればいいのに”という開発者の問題意識を具現化した。都市部の階段や段差などでも走れるほか、持ち運べてアウトドアシーンでも活躍する。価格は33万円で全9カラー。恵比寿の旗艦店で試乗も可能だ。

 日本の「メイト. バイク」を運営するチームメイトの今城直也副社長は「電動のママチャリのすごさは性別や年齢にかかわらず誰でも乗れること。ただ、それにカッコよさを加えることがなかなかできなかった。『メイト. バイク』はそれが同時にできており、初めて見たときに“これだ”と思った。サステナビリティもエコなだけではダメ。オーガニック料理も美味しくなければ続かない。『メイト. バイク』はテクノロジーとカッコよさを備えている」と話す。また、福井雄大社長は「日本はどこに行ってもサービスが完ぺきで世界では珍しいほどストレスを感じないのに、満員電車と渋滞だけは共通のストレス。それが自転車を使うことで解消される。自転車を使うことが定着すれば、もっと暮らしやすくなる」と、国内における100%電気エネルギーを使うライフスタイルの啓蒙を行っていくという。

 今後は「メイト」に試乗できるライドスポットを増やす。カフェやレストラン、ホテルなどとも提携し、充電スポットも増やしていく予定だ。初年度1万台の販売を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら