ファッション

サウジアラビア出身の若者によるストリートウエアブランド「ウナストーキョー」が新作発売

 サウジアラビア出身の3人の若者による東京発のストリートウエアブランド「ウナストーキョー(UNAS TOKYO)」はこのほど、新コレクション“ミドルクラスキッズ ニュー”を公式ECサイトで発売した。

 同コレクションは、サウジアラビアの中流階級で育った彼らのアイデンティティーを反映し、“社会階層”をテーマに製作。同じ階層に属する世界中のアーティストらを応援したいという思いも込めた。アイテムは日本で生産したセットアップ(シャツ税込1万5000円、パンツ同1万2000円)とTシャツ2型(同8000円、同8500円)。Tシャツには、アーティストが東京のストリートカルチャーに着想を得た手描きのグラフィックを施した。

 同ブランドは、東京を拠点にモデルやアーティストとして活動するヤズ、ゆせふ、ばするが2018年に立ち上げた。多様な文化に触れて培った視点を生かし、ファッションを軸とした表現のプラットホーム形成を目指して活動する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。