ビューティ

「ディオール」21年秋コレクションは自然が色づくカラーを再現

 「ディオール(DIOR)」は2021年秋コレクション“バーズ オブ ア フェザー”を数量限定で発売する。今季は季節の移ろいと共に自然が色づく姿をインスピレーションに、秋らしい色彩と偏光パールのエフェクトを施したカラーアイテム全7種(税込3300〜8580円)が登場。7月28日に一部限定店舗及びディオール公式オンラインブティックにて先行発売し、7月30日から全国発売する。

 繊細な羽模様のデザインが施されたアイシャドウ“サンク クルール クチュール”(限定2色、各税込8580円)は新しい偏光パールのエフェクトで、鳥の羽の移ろう虹色の光沢と季節の深まりと共に変化する秋の色調を表現。クジャクの羽にインスパイアされた虹色のようにラメが煌めく“ナイト バード”と、ラメが繊細に煌めきまるで朝日に染まった鳥の羽のように美しい“アーリー バード”の2パレットを用意。

 同じく鳥の羽からインスパイアされたペンシルアイライナー“ディオールショウ 24H スティロ ウォータープルーフ”(限定3色、各税込3300円)は、カーキ&パープルに輝く“イリディセント ブロンズ”、赤やフューシャピンクの輝きで明るさをプラスした“イリディセント トープ”、 そして偏光パールが美しいプラチナピンクの“パーリー プラティヌ”の3色展開で、美しい仕上がりが24時間持続し、さまざまな表情を描き出す。

  “ディオールスキン ルージュ ブラッシュ”(限定2色、各税込6600円)はひと塗りで頬に血色感をプラスするポップな色調の“コーラル フライト”と、ラメが美しく煌めき、肌なじみのよいベージュ ピンク“ヌード グライド”の2色。重ねづけしても肌なじみ抜群のテクスチャーが、崩れ知らずの仕上がりをかなえる。

 リップアイテムは、発色が長時間続きながら軽いつけ心地のリップスティック“ルージュ ディオール ウルトラ ルージュ”(限定2色、各税込4620円)と、ディオール公式オンラインブティック限定で発売する“ルージュ ディオール ウルトラ リキッド”(限定2色、各税込4620円)、さらにひと塗りで唇をデザインする、柔らかく軽い付け心地のペンシル リップスティック“ルージュ ディオール グラフィスト”(限定3色、各税込4620円)の3タイプをラインアップするほか、偏光パールによって色が変化するネイルカラー“ディオール ヴェルニ”(限定3色、各税込3300円)も展開。

 「ディオール」メイクアップ部門でクリエイティブ&イメージディレクター務めるピーター・フィリップス(Peter Philips)は“バーズ オブ ア フェザー”コレクションについて、「イリディセント(虹色)に輝くグリーン、ピンク、ゴールド、プラチナなどの色を組み合わせた。ドラマティックに、セクシーに、そしてナチュラルに。移ろいゆく秋らしいルックを自在に作り出せる可能性に満ちたコレクションだ」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。