ビューティ

「グッチ」のメイクアップが9月に日本上陸

 「グッチ」は9月10日、メイクアップラインの日本での取り扱いをスタートする。まずは公式ECで発売し、23日からグッチ銀座店、青山店、新宿店、名古屋メイエキ店、ニュウマン横浜店、心斎橋大丸店で取り扱う。

 上陸する第1弾は、リップはサテン、シアー、マットの3タイプの質感をそろえるリップスティック、リップバーム、リップバームとカラーを兼ね備えたハイブリッドリップスティック(各税込5060円)。ベースメイクは肌を滑らかに整えるセラム下地(税込7260円)、リキッドファンデーション(税込8470円)、プレスドパウダー(税込8250円)の基本の3アイテムに加え、目元、唇、頬などさまざまなパーツに艶やかで透明なベールをまとわせるマルチグロス(税込3850円)をラインアップ。アイメイクは、マスカラ(税込4950円)、アイブロウペンシル(税込3960円)、ウオータープルーフのアイライナーペンシル(税込3960円)が登場。今回の第1弾を皮切りに、今後順次アイテムを拡充する。

 「グッチ」のメイクアップは2019年にクリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)の世界観のもとリニューアル。自己表現と多様性をコンセプトとし、キャンペーンには性別や年齢、人種関わらず多様なモデルが登場し話題を呼んできた。19年にリニューアル発売したリップスティックは1カ月で世界で100万本売れるほど人気を博し、以来新製品を出す度に注目を集めてきた。なお、製品はコティ(COTY)が手掛ける。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら