ビューティ

「グッチ」のメイクアップが9月に日本上陸

 「グッチ」は9月10日、メイクアップラインの日本での取り扱いをスタートする。まずは公式ECで発売し、23日からグッチ銀座店、青山店、新宿店、名古屋メイエキ店、ニュウマン横浜店、心斎橋大丸店で取り扱う。

 上陸する第1弾は、リップはサテン、シアー、マットの3タイプの質感をそろえるリップスティック、リップバーム、リップバームとカラーを兼ね備えたハイブリッドリップスティック(各税込5060円)。ベースメイクは肌を滑らかに整えるセラム下地(税込7260円)、リキッドファンデーション(税込8470円)、プレスドパウダー(税込8250円)の基本の3アイテムに加え、目元、唇、頬などさまざまなパーツに艶やかで透明なベールをまとわせるマルチグロス(税込3850円)をラインアップ。アイメイクは、マスカラ(税込4950円)、アイブロウペンシル(税込3960円)、ウオータープルーフのアイライナーペンシル(税込3960円)が登場。今回の第1弾を皮切りに、今後順次アイテムを拡充する。

 「グッチ」のメイクアップは2019年にクリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)の世界観のもとリニューアル。自己表現と多様性をコンセプトとし、キャンペーンには性別や年齢、人種関わらず多様なモデルが登場し話題を呼んできた。19年にリニューアル発売したリップスティックは1カ月で世界で100万本売れるほど人気を博し、以来新製品を出す度に注目を集めてきた。なお、製品はコティ(COTY)が手掛ける。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。