ファッション

電力と水とファッションとビューティの今とこれから

有料会員限定記事
1

 ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気は“ただ使う”だけでその存在を気にも留めてこなかっただろう。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接な関連があるから、これからはそうもいかない。そこで本特集ではファッション&ビューティビジネスは、電力や水とどんな関わりがあるかを取材し、どう関われば環境に配慮しながら、かつ自分たちのビジネスを成長させられるのかを探る。ゼロから一を生み出すクリエイティブ力が問われる業界だからこそ、社会課題であるエネルギー問題だってクリエイティブに取り組めるはずだ。(この記事はWWDJAPAN2021年6月21日号からの抜粋です)

2

 電力問題は経営課題として急務でも、日常業務とは関わりが少なく、知らないことも多い。そこで本特集は、たどれば電力とビジネスの関係がおのずと理解できるスゴロク的作りで構成した。サステナビリティ経営を目指すなら経営者はもちろん、現場が理解を深め、アクションしてこそ強いチームになる。学びのスタートは最近やたら耳にする“カーボンニュートラル”。レッツゴー!

3
4
5
6

WWD:地球温暖化によりアパレルにはどんな危機がある?

夫馬賢治ニューラルCEO(以下、夫馬):“発注すればテキスタイルは絶対に届くよね、売れたらまた物は作れるよね”という感覚がまだ一般的だと思うが、それは幻想になっていく。コットンが綿花畑から収穫できなくなるリスク、羊毛が牧場で取れなくなるリスク、これらは全部気候変動と関係している。気温がこのまま上昇すると、羊が育ちにくい環境となり飼育量が落ちるからだ。そもそも牧場での飼料の確保も警戒感が高まっている。綿花畑では水の渇水リスクも抱えている。生産地は今、本当に大変だ。多くの日本のアパレル業界の人は、生産地に行って現地の姿を見ていない。それが最大のリスクだと思う。

 もちろんどこかのタイミングで、突然ゼロになるわけではない。ただ世界的に見ればこの先、人口は増えるから洋服の需要は増える。すると素材の価格も高騰する。木材の高騰と同じ話だ。高騰しても安定的に供給できる道を探さないといけない。生産農家に依存せずに循環できた方が価格はコントロールできる。自分たちのコスト管理のためにも、サーキュラーエコノミーを目指すべきだ。

この続きを読むには…
残り3648⽂字, 画像14枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら