ビューティ

リップモンスターのヒットに見るメイク意識の変化 女性の視点は“マスク後の未来”へ

 緊急事態宣言の発出地域が拡大し、都市圏では自粛生活が1年半以上続く2021年秋。ワクチンの接種が粛々と進む中で、人々の美容意識はどのように変化したのだろうか?次なるトレンドの可能性を、アイスタイルの原田彩子リサーチプランナーに聞く第1弾。今回はメイクシーンについて検証したい。

コロナ禍2年目、人々の意識は着実に「内向き」から「外向き」へ

 「2020年と現在を比較すると、実は生活様式そのものはそれほど変わっていません。自由に外出することが叶わず、直接人と会えない状態が続きますが、人々の“意識がどこに向いているか”には、明らかな変化が見られます」と語るのは、アットコスメのデータ分析を手がけるアイスタイルの原田彩子リサーチプランナーだ。「20年は、初の緊急事態宣言発出や未知のウィルスに対する不安もあり、心理的にも“内向き”の傾向が高まりました。外出の機会が急激に減り、家の中で行うスキンケアにかける時間や費用が増加。“お家美容”というワードが浸透しました」。

 一方で、メイクアップにかける費用は著しく減少することに。20年5月時点では、53.0%と過半数を越える人が「メイクアップにかける費用が減った」と回答。同年10月時点でも53.7%と、やはり過半数を超える人が「費用が減った」と回答している。

 外出の減少やマスク着用という、コロナ禍特有の事情は変わらないが、21年上半期に入ると変化の兆しが現れる。21年5月の同調査において「メイクアップにかける金額が減った」と回答した人は、前年10月より14.7%減少しており、回復傾向であることが見てとれる。「実際はまだ自由に外出できないものの『外に出て人と会うこと』『いつかマスクを外す日』を視野に入れたマインドの変化といえます。その象徴ともいえるのが、5月1日に発売された『ケイト(KATE)』の“リップモンスター”の大ヒットでしょう」。

今の気分を巧みにとらえた「リップモンスター」の大ヒット

 マスク着用が習慣になってから、リップメイクをする人が減ったのは周知の通り。コスメ好きな人が集まるアットコスメにおいてすら、注目を集めるのは穏やかな発色の(マスクに付きにくい)ティントリップが多かった。「“リップモンスター”は、コロナ禍以降の流れとは明らかに違う形で注目された製品でした。『もっと積極的にメイクを楽しみたい』という人たちから、火がついた印象です」。“リップモンスター”には、発売当初から8月10日までの約3カ月で、1712件もの口コミが寄せられている。「今までリップはお休みしていたけど、久しぶりに塗りたくなった」など、メイクに対するポジティブな発言もあり、同日発売の他の製品の口コミ平均件数が36件であることからも、いかにこの製品への関心が高いかが伺える。

 「人気の理由は、色展開の巧みさにもありました。鮮やかな発色のカラーが充実する中、特に04のパンプキンワインは、ブラウンでもオレンジでもない絶妙なカラーで、メイク好きな人たちから注目を集めています。一方、03の陽炎はほとんど発色しないニュアンスカラー。マスクの下にも付けやすく、今すぐ使える点が支持されました」。

 さまざまな女性の「今の気分」をジャストに捉えた“リップモンスター”は、発売以降セルフメイク口紅市場において、シェア50%を越えるヒットを記録(インテージSRI 2021年5月10日~17日調べ)。発売以降の累計出荷数は、8月末時点で100万本に迫る勢いという。リップメイク熱の復活を予感させる出来事だが、果たして今後メイクアップシーンにおいて、どのようなことが注目されるのだろうか?

ベースメイクは、依然「ナチュラル傾向」が続く

 マスク着用はしばらく続く気配だが、社会活動が活発化して「外に出て人と会う」さらにその先にある「いつかマスクを外す日」を意識する段階になったら……?最も気になるのは「ベースメイク」であると思う。

 「マスク着用が定着して以降、薄づきのトーンアップ下地やトーンアップ UVが広く浸透しました。若年層においては、引き続きこれらが支持されると思います」と、原田リサーチプランナー。その理由は、「周囲から浮きたくない」から。特に20代は、会社などそれほど親しくない人間関係において、目立ちたくないという意識が強く働くという。「いつかマスクを外す日が来たとして、突然ベースメイクを“盛る”ようなことはせず、ナチュラルな肌作りが続くと予想しています」。

 その一方で、40代のいち働く社会人としては「素の顔で他者とコミュニケーションするなら、大人の女性はもう少しカバー力が欲しいのでは?」と思ったりもする。年単位で肌がすっぽり覆われていた状態から、素の顔で人と向き合うわけで、トーンアップ下地だけでは心許ない気がするからだ。

 そういう意味で、資生堂「マキアージュ(MAQUILLAGE)」の“ドラマティックカバージェリーBB”は、実にバランス感が絶妙な1品だと思う。マスクに付くにくい薄付きの設計と、ツヤのある仕上がりはそのままに、適度なカバー効果が進化。リップモンスターと同じく「今すぐ使える」ニーズと、自然な仕上がりを両立している。

 大人の女性には、高機能ファンデーションとして「ポーラ(POLA)」の“B.A ハイドレイティング カラークリーム”にも注目して欲しい。空気中の水分を取り込んで肌の上に潤いのベールを形成し、さらに紫外線を自然なツヤ感に変換するというスマートな設計。ファンデーションとは思えないほど、軽やかでツヤのある仕上がりは、対人コミュニケーションの頼もしい味方になってくれるはずだ。

メイクアップは「小顔」&「ヘルシー感」がキーワード

 メイクアップに関しては、前回「人中短縮メイク」のコラムで記した通り「小顔ニーズ」が高まると原田リサーチプランナーは予想している。「マスク着用が長期化する中で、改めて、自分の顔全体を目にした時に『私の顔ってこんなに大きかった?』『たるんでいた?』というマスクギャップを感じる人が増えるからです」。

 チークやハイライトなど、顔立ちの立体感を際立てるアイテムへのニーズは高まるはず。さらに「新型コロナウィルスの流行を経て、世界的に“健康であること”の意識が高まっています。今後ますますヘルスケアとビューティの境目が曖昧になっていくでしょう。チークで演出する血色感、ハイライトで演出するツヤ感も、これまで以上に重視されるのではないでしょうか」。

 個人的に注目しているのは、「シャネル(CHANEL)」の“レ ベージュ オー ドゥ ブラッシュ”だ。80%がウォーターベースのジェルにマイクロバブルが浮かぶチークで、肌にみずみずしく広がり、ポッと上気したような血色感を叶えてくれる。フィット感に優れ、マスクをしても崩れにくいのも魅力だ。

 9月17日に登場する「ディオール(DIOR)」の “ディオールスキン フォーエヴァー クチュール ルミナイザー”は、95%自然由来のピグメントを配合したフェイスカラー。パウダーでありながらしっとり肌になじみ、偏光パールの働きでフレッシュなツヤ感を再現してくれる。双方ともに、パッケージも美しく、メイクに対する高揚感を抱ける点も見逃せない。

 トレンドは常に世の中の動きとリンクしている。これまでも、景気が良い時には太眉や赤のリップが流行し、大きな社会変化の後には、ナチュラルメイクが流行する傾向にあった。

 「コロナ禍後の経済状況にもよりますが、ファッションシーンにおいて、目下リラックス感のあるスタイルが流行していることを考えると、メイクもしばらくはナチュラル傾向が続くのではないでしょうか。そんな中でも『自分だけが分かる微妙な色合い』『自分だけにハマる微妙な質感』など、今後はディテールへのこだわりが、より細分化していくように思います」。

 “リップモンスター”の04パンプキンワインのように、「他にはない絶妙な発色」をいかに表現するか。はたまた、前回の「人中短縮メイク」のように、ニッチなニーズにいかに応えていくかが、今後メイクアイテムのヒットを左右するカギとなりそうだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら