ビューティ

売れたアイテムを発表! リップ1位は新製品、総合ともに「ディオール」が獲得 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」百貨店・セミセルフショップ

 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」を発表! 「WWDJAPAN」は、百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストアで2021年上半期(1~4月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。
 
 百貨店・セミセルフショップの「リップ」部門は新製品、総合ともに「ディオール(DIOR)」が1位を獲得。また全体の傾向として、“バーム”形状のアイテムがランクインし、マスク時代にリップでも唇のケアを考慮した商品が人気を獲得した。

 新製品1位の「ディオール」は、“ルージュ ディオール バーム”が輝いた。バイヤーは「マスク着用により『透明のバームをデパコスで欲しい』とのニーズが拡大。ギフト需要も」とコメントする。2位に「クラランス(CLARINS)」の“コンフォート リップオイル 14 サクラ”、3位に「ジルスチュアート(JILLSTUART)」の“リップグロウ セラムバーム”がランクインした。

 総合1位の「ディオール」は、ロングセラーの“ディオール アディクト リップ マキシマイザー”が獲得。「『ディオール』のロングセラー商品でリピート率も高い」「ディオールユーザーは誰でも持っていると言われるほどの人気アイテム」とバイヤーコメント。2位も「ディオール」で新製品の首位に続いて“ルージュ ディオール バーム”が総合でもランクイン。3位は「シャネル(CHANEL)」の“ルージュ ココ ボーム”の結果になった。(価格は全て税込)

新製品

1位 “ルージュ ディオール バーム”

「ディオール」

 さらに高まるケア効果へのニーズに応え、クチュールの仕上がりを備えたフローラル ケア バーム スティック。自然由来のフローラル リップケア成分を95%がもの高い数値で配合し、“ルージュ ディオール”の2倍のケア効果を実現。さらにザクロ フラワーやシアバターなども配合する。ハリや小ジワなどの改善にも考慮した処方で、艶やかに仕上げる。無色は男性にも使いやすいと人気。(全1色、4950円)

2位 “コンフォート リップオイル 14 サクラ”

「クラランス」

 人気の“コンフォート リップオイル”に世界中で愛される日本の桜にインスピレーションを得た限定色が登場。オーガニック認証機関のエコサートとコスモスのハードルをクリアしたホホバ種子油、マカデミア種子油、ヘーゼルナッツ種子油のカクテルプラントオイルを配合。ナチュラルな輝きにロマンティックなクリーミーピンクのサクラ色を付した。植物由来成分を豊かに配合した処方で唇を優しくベールし、この春だけ楽しめる限定色として注目を集めた。限定品。(3520円)

3位 “リップグロウ セラムバーム”

「ジルスチュアート」

 リップオイルの潤いとリップクリームの軽い塗り心地を両立するリップバームとして人気に。3種のフラワーエッセンシャルエキスを含む全9種の美容成分配合で、唇を潤いで包み込み、荒れやカサつきをケアする。ボタニカルワックスを“ルージュ リップブロッサム”の1.5倍配合し、唇への密着を高め高い保湿力も特徴だ。ぷっくりとボリュームアップをかなえる。(全5色、各3080円)


総合

1位 “ディオール アディクト リップ マキシマイザー”

「ディオール」

 10年以上もの長きにわたって愛されてきたブランドを代表するリップスティックが19年にリニューアルし、さらに人気が拡大。使い心地と輝きに高いリップケア機能を与えた。ケア成分のメインとなるのはヒアルロン酸で、唇の上で保護バリアを形成しながら水分をしっかりとキープ。潤いを24時間続かせる処方にした。つけた瞬間からボリュームアップを実感できるのも特徴的だ。ほのかに甘いミントの香りも心地よい。全7色のうち、ディオールバックステージ限定の1色を加えて発売した。(全7色<バックステージ限定1色>、各4070円)

2位 “ルージュ ディオール バーム”

「ディオール」

 新製品1位の「ディオール」“ルージュ ディオール バーム”が総合でも2位にランクイン。マスクによる肌荒れが進む中、高まる口元のケアニーズに、自然由来のフローラル リップケア成分を95%と高い数値で配合し、“ルージュ ディオール”の2倍のケア効果を実現した。ハリや小ジワなどの改善にも考慮した処方で、艶やかに仕上げる。男性にも使いやすい無色は、女性だけでなくユニセックスで人気に。(全1色、4950円)

3位 “ルージュ ココ ボーム”

「シャネル」

 2012年1月発売以来、リピーターが多く、長年愛され続けているアイテム。独自成分のイドゥラ タンドゥル コンプレックスを配合したフォーミュラに、即効性と持続性のある潤いをプラスした。とろけるようなテクスチャーが心地良く、ケアする時間を豊かにする。オイルと補修効果を持つ糖類をベースにする成分がつけた瞬間から滑らかな艶を与え、使い続けることでふっくらとしなやかな唇へとアプローチ。リップスティックを塗る日常的な所作をも計算したリップケアアイテムが、美しい唇を育む。(4400円)

PHOTO : HIROKI WATANABE
TEXT : AKIRA WATANABE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら