ファッション

身体の多様性を未来に 落合陽一監修のファッションショーがデジタル配信

 パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭「True Colors Festival 超ダイバーシティ芸術祭 -世界はいろいろだから面白い-」は5月30日、落合陽一を総合ディレクターに迎えたオンライン・ファッションショー「True Colors FASHION 身体の多様性を未来に放つ ダイバーシティ・ファッションショー」を公式YouTubeチャンネルで配信する。ショーでは、多彩なモデルとデザイナーらが、身体機能を拡張するファッションやテクノロジーを通じて、多様な身体像を考えて表現。身体障害や知的障害、妊婦や高齢者などがモデルを務め、さまざまなブランドや、義足や車いすのメーカーが参加した。ファッションブランドでは、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」や「ハトラ(HATRA)」「カンサイ ヤマモト(KANSAI YAMAMOTO)」「コトハヨコザワ(KOTOHA YOKOZAWA)」「トミー ヒルフィガー アダプティブ(TOMMY HILFIGER ADAPTIVE)」「オトングラス(OTON GLASS)」「01」などが登場。ショーの後は、落合とデザイナー、モデルが出演するバックステージ・インタビューを放映する。

 オーディオガイドでは、視覚障害者向けの音声ガイドに加え、日本語音声ガイド、日本語・英語字幕の鑑賞サポートも用意。「ファッショニスタがお送りするオーディオガイド」では、ファッションディレクターの山口壮大、車いすのファッションジャーナリストの徳永啓太、True Colors FASHIONの金森香プロデューサー、「WWDJAPAN」の村上要編集長がショーの模様を実況する。

 また、デジタルメディアの「トキオン(TOKiON)」がミヤシタパークに構えるリアル店舗「トキオン ザ ストア」では、今回のショーに登場する音楽を“着る”デバイスの「ライブ ジャケット(LIVE JACKET)」や、ALS患者である武藤将胤が立ち上げたファッションブランド「01」、自閉症児の父親でもあるトミー・ヒルフィガーが立ち上げたアダプティブ・ライン「トミー ヒルフィガー アダプティブ」のアイテムを展示(6月13日まで)。展示期間中は、「トキオン」のオンラインショップでも「01」や「トミー ヒルフィガー アダプティブ」の商品を販売する。

 5月24日発売の「WWDJAPAN」は、「1%から見えるファッション」特集。車いすのファッションジャーナリストの徳永啓太が、多様な身体と多様なファッションに迫ります。

■「連載 1%から見るファッション」その他の記事はこちら

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら