ファッション

「すべての人のための ファッション」を実現できる時代

有料会員限定記事

 「アパレル業界は厳しそうですね」。先日、アパレル以外の業種の方からそんなふうに声を掛けられた。コロナ禍によるブランド休止や店舗の閉鎖、人員削減といったニュースが連日のように報道されており、業界が非常に厳しい中にあるのは間違いない。……なんて書くと自分でも気がめいってくるのだが、そうした現実はありつつも「ファッションって、やっぱりすてきなところもあるじゃないか」と思わせてくれる出来事が最近あったので、紹介したい。(この記事はWWDジャパン2021年4月12日号からの抜粋です)

 それは、アダストリアの坂野世里奈マーケティング本部マネジャーが社内公募制度を通して立ち上げた「Play fashion! for ALL」というプロジェクトとの出合いのこと。同プロジェクトでは、障害や持病がある人のニーズに沿った商品を、繊維商社の豊島と組んで3DCGを活用しながら形にしていこうとしている。まずは障害などを持つアダストリアのグループ会社社員3人の体形データを3DCGに取り込み、彼らが日常的に感じている不便を解消する服を製作中だ。このプロジェクトは単にCSR活動の一環とするのではなく、事業化を模索しているという。

この続きを読むには…
残り1026⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら