ビューティ

味の素が自然由来の化粧品用マイクロプラスチックビーズ代替品を開発

 味の素は、得意とするアミノ酸技術を生かし、生分解性の高い化粧品用マイクロプラスチックビーズ代替品を開発した。スキンケアやメイクアップ製品に使用される合成樹脂由来のマイクロプラスチックビーズと同等の感触や機能を持つが、自然由来の原料のみで作られているため環境への負荷低減が期待できる。化粧品メーカーなどへ働きかけ2022年度上期から展開を始める。

 近年、化粧品業界では環境への悪影響が大きい高分子プラスチックの使用禁止や削減に向けた規制を各国が強化する。北米や欧州、アジアではマイクロプラスチックビーズを使用した洗い流せるパーソナルケア製品などに対する規制が強化され代替品に置き換わっている。日本においても日本化粧品工業連合会が会員企業に対し、洗い流しのスクラブ製品におけるマイクロプラスチックの自主規制を促す。

 しかし、スキンケアやメイクアップ化粧品に使用されるマイクロプラスチックビーズは、肌触りや使用感を維持した代替品の開発が技術的に難しいこともあり、日本を含む多くの主要国で使用の規制に至っていなかった。味の素はアミノ酸の知見を活かし、滑沢性の高い板状粉体としてフェイスパウダーを始めとした多くの化粧品に使われる「アミホープ®LL」を活用し、マイクロプラスチックビーズ代替品の開発に取り組んできた。今回、「アミホープ®LL」の機能を自然由来の球状粒子に付与することに成功した。

 開発した化粧品用マイクロプラスチックビーズ代替品は、アミノ酸系洗浄剤で世界55カ国、5000社以上に素材提供するネットワークを活かし化粧品分野でも広めていく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。