ニュース

ミニシアター「アップリンク渋谷」が5月に閉館 26年の歴史に幕

 映画配給会社のアップリンクは、ミニシアター「アップリンク渋谷」を5月20日に閉館する。22日に浅井隆代表の名前で文書を発表し、「設備や機材の老朽化による再投資が必要だったタイミングで、新型コロナウイルスに襲われた。一時は収入が途絶えたが、ビデオオンデマンドサービスのローンチや助成金・補助金でなんとかやってきた。しかし、これ以上運営しても先は見えないと判断し、閉館を決めた」と説明した。なお「アップリンク吉祥寺」「アップリンク京都」は今後も継続する。

 「アップリンク渋谷」は1995年、神南に「アップリンク・ファクトリー」という名でオープンした。ライブやイベントなどの多目的スペースとして運営した後、2004年に現在の宇田川町に移転。ミニシアターに業務転換したほか、カフェやギャラリーも拡充し、渋谷のカルチャースポットとして支持されてきた。

 昨年はコロナのほか、浅井代表による元従業員へのハラスメントも問題となっていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら